夏休みは子供もプールだとか夏祭りだとかいろいろと予定がありますが、それでも予定の無い日の方が多い場合はどうすればいいのでしょうか?

中学生なら部活に出かけてくれるので楽なものですが、小学生だと暇を持て余してしまうこともあります。かと言って、毎日のようにレジャー施設に連れて行ったり、ショッピングモールに買い物に行くわけにもいきません。

そこで、今回は夏休み中の子供が退屈せずに遊べて、なおかつお金がかからない方法を紹介したいと思います。

家と近所だけで完結する子供の遊び

家でプール&水鉄砲遊び


自宅用のプールがあれば、子供を遊ばせておけます。もちろん水道代は余計にかかってしまいますが、外に出かけることに比べれば少ない出費で済みますよね。

プール遊びよりもさらに節約効果が大きいのは水鉄砲遊びです。水鉄砲を使うだけなら使う水の量も少なくて済みます。兄弟や友達同士で撃ち合いのバトルをさせておけばしばらく楽しく遊んでくれます。

また、マンションなどで自由に水鉄砲を使える環境でない方の場合は、的当てにするのがおすすめ。水鉄砲でも倒れるぐらいの軽い的を並べて、水鉄砲で撃っていくゲームです。駄菓子の景品を用意すれば盛り上がります。

虫採り


虫が触れるお子さんなら、虫採りに出かけるのもおすすめ。と言っても、家の近所をまわるだけでもある程度いろんな虫に出会えます。近所の公園でも十分なので、大したお金はかかりません。

虫取り網と虫かごを1から揃えるにしても、100均で手に入ることも多いですし、ホームセンターで買うにしても1,000円あれば十分です。

採ってきた虫をそのまま飼う場合は飼うための設備も必要になりますが、飼わない場合は「キャッチ&リリース」で、虫は逃がしてあげましょう。我が家でも、めちゃくちゃ大量に採ってくるので逃がすように言っています。

石ころ探し


大人にとってはただのガラクタでも、子供にとっては宝物だったりしますよね。何の変哲のない石でさえ、子供にとっては宝物になります。宝探しと称して、近所の公園や川などに出かけてキレイな石を探してみましょう。

面白い形の石を拾って絵の具でペイントしたり、キラキラ光るキレイな石を拾ってきて勉強机の上に飾ったりと、子供にとっては楽しい遊びになりますよ。

ついでに、夏休みの自由研究のネタにもなるのではないでしょうか?

写生・スケッチ


どこかに出かけなくても、絵の題材となるモノは身近にあります。家にある野菜や果物、家から見える風景、近所の公園の樹木などなど……。絵が好きなお子さんなら何度でも楽しめるでしょう。

鉛筆のみのデッサンや水彩絵の具、コンテ、クレパスなど使用する画材を毎回変えても面白いですよ。

これも、お金がかからない上に自由研究としても提出できる遊びです。

おやつ作り


時間を持て余しているなら、おやつ作りを一緒にするのもいいでしょう。ホットケーキミックスを使えばいろんなお菓子が作れます。簡単に作れるお菓子としては、蒸しパン、クッキー、スコーンなどがおすすめです。

また、ゼラチンとジュースを使ってゼリーを作ったり、寒天とあずきを使って水ようかんを作るのもいいですね。楽しく料理できる上に、調理器具の使い方など料理の基本を教えることもできるので、ぜひ一緒におやつ作りをしてみましょう。

お金がなくても子供は遊べる!

「せっかくの夏休みだから子供に思い出を作ってあげたい」と思うのが親心ですが、お金をかければかけるだけ上等な思い出ができるわけではありませんよね。

テーマパークや旅行に行くだけでなく、日常の中にも子供がわくわくすることはたくさんあります。今回紹介した遊び以外にも、身近すぎて見逃している遊びが無いか、改めて考えてみてはいかがでしょうか?(執筆者:吉見 夏実)