マネーの達人が定期掲載している【3か月前先回り投資術】。株主優待権利確定月の3か月前にお目当ての株を買ってしまいましょう、という投資術です。そして…

1.権利確定前に値上がりしたところで売る
2.権利確定後に売る
3.継続保有する

…この3つの選択肢のいずれかを選択することになります。
(参考記事:“優待”狙いの株投資 「3か月前購入」が賢明なワケとは

3カ月前の株価が安い時に買うのが基本ルールですので、とりわけ1か2の選択をして損失を出す可能性は低いと考えられています。

そこで、素朴な疑問が一つ。2015年5月権利確定銘柄から連載しているわけですが、実際のところどうなの? というもの。

紹介した銘柄を3カ月前に買って本当に利益を出せたのか? 調べてみました。(大損失だったら反省です)

3か月前先回り投資術 本当に利益がでたのか調べてみた

2月下旬に掲載した5月権利確定銘柄、掲載時株価をご覧ください。


5月権利確定銘柄の中から紹介したのは3銘柄でしたが、目を見張るのがスター・マイカ。損益は4万円オーバーです。3銘柄の合計損益は+61,100円、なかなかの上出来です。

ひとつ気付いたのは、5月下旬に権利確定となるわけですが、権利付き最終日に最高値になるのではなく、月の前半に最高値をマークしています。「ちょっと早めに売って利確してしまおう」という心理が働くのかもしれません。


6月ですが、権利確定銘柄の中から2銘柄を紹介しました。ホントは最低でも3銘柄紹介したかったのですが、掲載できるおすすめ銘柄が見当たらず…。それで2銘柄の紹介としました。

結果は一応プラスで、2銘柄の損益合計は+21,000円でした。何とか面目を保った感じです。

さて、次は7月権利確定銘柄です。


7月権利確定銘柄から3つ紹介しました。優待銘柄としての知名度はそれほど高くない3銘柄なのですが、どれも優等生の値動きだったと思います。

3銘柄の損益合計は+67,600円でした。実は私も買い時を狙っていたのですが、チャンスを逸して買えず、結局は高値をつける株価を傍観して終わってしまいました。残念。

買い時、売り時を見極めるって本当に難しいですよね。

次は8月です。


8月にイチオシで紹介したのは、2銘柄のみでした。しかし、損益合計はなんと+71,100円という好結果に。私はさいか屋を100円で1000株買い、139円で売り抜けまして。嬉しくて小躍りしました。

2つの銘柄が最高値をつけたのは、オンリーが6月16日、さいか屋が7月13日でした。高値をマークするのが権利確定該月とは限りませんから、やはり3か月前に仕込んでおくのがベストなのかと思います。

では、5~8月権利確定のイチオシ10銘柄の損益合計を見てみます。

おぉ、4カ月で22万円オーバーです。【3か月前先回り投資術】に合格点を付けても良いのではないでしょうか。

個人的な感想ですが、IPO株(新規公開株)を狙うより機動性・利便性が高い、と思いました。IPO株は当選しないと買えませんが、【3か月前先回り投資術】は原則誰でも買えます。

もちろん利益が必ず保証されているわけではありませんが。それは【3か月前先回り投資術】、IPO株に限らず、どの投資術にも言えることです。投資にリスクがつきものであることはお忘れなく。

9月以降の結果はどうなるか?

9月、10月権利確定はまだ先ですので結果は分かりませんが、掲載時株価と現在株価を確認しておきます。


執筆時点の話ですが、中国発の世界同時株安が発生しており、日経平均株価は一時18500円台に急落しています。それにつられ、紹介した銘柄も軒並み安くなっているのが現状です。

銘柄自体は申し分ないのですが、外部要因による日経平均急落となると影響は避けられません。今後の展開を鑑みながらの売買が重要になります。

【3か月前先回り投資術】本当に利益がでたのか? まとめ

5~8月権利確定銘柄の中から合計10銘柄を紹介しました。

掲載時株価で買い、その後の最高値で売ったケースを計算してみると、損益合計は220,800円という結果になり、【3か月前先回り投資術】は有効性が高いと結論付けられます

8月に発生しているチャイナショック、世界同時株安という外部要因があるため、今後の相場動向は注視しなければなりません。しかし、

「優待権利確定3か月前に株を仕込む」

この投資術は一定の価値がありそうです。今後も毎月、優待権利確定銘柄を厳選して紹介していく予定ですので、参考になれば幸いです。

(お決まりですが…株投資はすべて自己責任でお願いいたします)(執筆者:堀 聖人)