お子さんがまだ小さければ、クレジットカードなどいらないと思っていませんか。確かに日本にいる限りはそうかもしれませんが、お子さんが海外留学にくようなことになればそうも言っていられません。

クレジットカードを作れるのは18歳以上

どこのクレジットカード会社もそうですが、クレジットカードを作れるのは18歳以上でなければなりません。18歳になっていても高校生ではまだクレジットカードを作れず、卒業しなければいけません。

しかし、高校時代から交換留学などの制度を利用して海外で勉強するお子さんも少なくはなく、そんなお子さんに多額の現金を預けるのはやっぱり不安ですよね。

家族カードはどうか

多額の現金を持たせなくてもある程度の生活をできるようにしたい、そんな人がまず考えるのが「家族カード」です。家族カードとは、保護者などが本会員となっているクレジットカードに付帯する形で発行されるカードのこと。利用料金の引き落としは、本会員のところにまとめられますので、家族カードの利用状況を把握することもできます。

家族カードを持つことができるのも基本的には18歳以上ですので、高校生などは持つことすらできません。しかし、海外留学などの特別な事情がある場合には、18歳未満でも特別に家族カードを持つことができる場合がありますので、詳しくはクレジットカード会社に問い合わせてみてください。

デビットカードという手もある

家族カードよりもずっと確率が高く、高校生にも安心して持たせられるのが「デビットカード」です。

デビットカードは、15歳以上であれば銀行口座を開設した上で持つことができるカードで、クレジットカードと同様の使い勝手です。しかも、口座に入っているお金の分しか使うことができませんので、お子さんが使いすぎる心配もありません。日本の銀口座に入金しておけば、仕送りも楽ちんです。カードでのショッピングだけでなく、キャッシュカードのように現地通貨を引き出して使うことも可能です。(執筆者:角野 達仁)

海外プリペイドカード GAICA