かつてはショッピングの王道といえば、デパートでした。デパートのレストランで家族食事をするのが楽しみで、屋上遊園で遊ぶのもまた楽しいもの。デパートにいれば一日中楽しめる、子供心にそんなことを考えていました。

現在のデパートはかつてとはずいぶん様変わりしましたが、かつての子供が大人になり、今のデパートを見てみると、子供のころとは異なる楽しみがあります。

デパート系のクレジットカードでお得ライフ


それが、デパート系のクレジットカードです。最近のデパートでは、ほぼ自社でクレジットカードを発行しています。日本のクレジットカードの中でもトップクラスのでデパートである三越、伊勢丹が発行している共通のクレジットカードが「MIカード」です。

MIカードを使えば、三越や伊勢丹はもちろんのこと、北海道にある丸井今井や九州にある岩田屋などのデパートでも使えます。このクレジットカードを持っていれば、前年の買い物金額に応じて割引額が設定されており、年間100万円以上利用していれば10%の割引を受けることができます。もちろん、伊勢丹や三越以外の買い物でもポイントがたまり、たまったポイントは三越伊勢丹グループで使えます。

しかし注意しなければならないのは、食品やセール品、税抜3000円未満の商品、そしてハイブランド(ルイ・ヴィトンやティファニーなど)は割引の対象外となっているのです。

友の会がお得

デパ地下やハイブランドの買い物目当ての人はこれですとちょっと使い勝手が悪い、ということでそれを補うのが「エムアイ友の会」です。多くのデパートでは「友の会」制度を設けており、友の会限定のセールもありますが、なんといっても最大の魅力は積立です。

1年間毎月1万円積立をすると、12か月目にめでたく満期となり、その際には1か月分の1万円がプラスされた13万円がエムアイ友の会のカードにチャージされるという仕組みです。ちなみにその利回りは単純計算で8%であり、実質的な運用期間を考慮すると15%を越える圧倒的な高利回りです。

しかも、MIカードでは対象外となっているものもすべてチャージされた13万円で使えるということです。三越や伊勢丹をひいきにするなら。MIカードとエムアイ友の会カードの2枚持ちが必須ですよ。(執筆者:角野 達仁)