さて、前回に引き続き「クレジットカードを使わない派」の方におすすめのカードの使い方をご紹介します。

前回は公共料金などの月々のお支払だけカードに変えてみる、という使い方でしたが、今回は「カード払いは使わず、カードの優待だけ使う」技をご紹介します。

どういうこと? と思われる方もいるかと思いますが、クレジットカードは、カード払いするときに使うだけではないんです。

カードを「見せて」特典ゲット


クレジットカードによっては、カード払いではなく「見せるだけ」でさまざまなお店で特典が受けられるものがあります。

たとえばマルイが出している「エポスカード」は、ビックエコー、カラオケ館、シダックスなどでカードを見せるだけでルーム料金30%OFFなどの割引が可能です。

この割引率はなんとカラオケ店のメンバーカードよりお得な場合も。他にも「ロイヤルホスト」で10%OFF、「ハウステンボス」で入場料7%OFFなど多数の飲食店や施設での割引が受けられます。

また「JCBカード」でも、飲食店や美容院で20%OFFやトヨタレンタカーが5%OFF、スパなどの施設での入場料割引など、カード会員向けのクーポンが使えます。「セゾンカード」でも同様で、水族館や美術館、温泉から飲食店まで10%OFFなどの割引が受けられます。

海外旅行保険の代わりに持っておく

クレジットカードを良く使う人はご存じかと思いますが、クレジットカードのなかには保険が自動付帯されているものが多く、なかでも海外旅行時の保険が充実しています。

海外旅行のツアーに申し込む際、一緒に海外旅行保険への加入を促されることがありますが、自動付帯されているクレジットカードを持って行くだけでいざと言う時に、携行品の損害補償等が受けられます。

このように、クレジットカードは必ずしもカード払いをする必要はなく「見せて」、「持ち歩いて」お得になる特典がついています。カード払いに抵抗がある方やいつも現金払いと決めている、という方もクレジットカードを持っておくだけでお得な特典が受けられるので、ぜひカード申し込みを検討してみては? (執筆者:小山 菜々恵)

エポスカードを作る⇒公式サイト