ドトールのプリペイドカードが登場

日本国内に1,000店舗以上を誇るドトールコーヒーショップ、定期的に利用されている方も多いのではないでしょうか。お手頃価格のコーヒーと、豊富なフードが人気ですね。

さてこのドトールからこの秋、2015年10月1日より「ドトールバリューカード」の国内全店での導入がスタートします。ドトール好きならぜひチェックしておくべきカードです。


≪ドトールバリューカード 画像元:http://doutor.jp/≫

「ドトールバリューカード」の特徴


この「ドトールバリューカード」の特徴はポイント制であること。具体的には、

・カードは300円で購入(300Pとして還元されるため実質無料)
・チャージ金額の5%をポイント付与
・商品購入金額100円につき1ポイント付与
・たまったポイント10P=10円として買い物できる
 ※ただし有効期限があるので注意が必要。

という内容です。

チャージ時のポイント付与サービスですが、会員ランク(年間商品購入金額に応じてランク分けされる)に応じてポイント付与率も段階的にアップする仕組みなので、ドトールによく行く人ほどお得です。

会員ランクは

プラチナ(5万円以上)10%
ゴールド(2万円以上)7%
シルバー(2万円未満)5%

なので、例えば週2回の頻度でドトールランチする人なら1回650円×週2回×45週=58,500円の計算として、今まで通り『ミラノサンドSセット』ランチをしているだけで1年間で5,900円分のポイントゲットとなるわけです。

さらに商品購入時の付与ポイントまで合計すると、6,485円分が実質無料となりランチ約10回分相当がサービスということになります。

時々しか行かない人でもメリットあり

ドトールへは、たまにコーヒー飲むくらいだから……という人でも充分メリットはあります。5,000円(22杯分相当)のチャージでコーヒー1杯が無料になる計算ですし、1杯220円のコーヒーが実質13円引きで利用できるようになりますよ。

大手3社のプリペイド式カードを比較してみました

コーヒー好きの方は既に他のコーヒーチェーン店のカードも持っていることでしょう。店員さんに勧められてなんとなくカードを作った、なんとなく毎回使っているけどサービスの細かい内容まではよくわかっていない、という方も多いのではないでしょうか。3社のカードはどこがどう違うのか比較してみました。


≪比較表 クリックで拡大≫

実質上の値引きはドトールが勝利

タリーズの「コーヒー1杯につき10円引き」は解りやすくて明快です。都度のお得感が得られますね。また、Web会員には抽選でドリンクチケットプレゼントなどのお得サービスの特典もあります。

ドトールは元々の価格が安いうえに、シルバー会員なら実質13円引きで207円相当に。ゴールド・プラチナ会員の方はさらに実質値引き額はアップします。

スタバカードに値引きサービスはありませんが、3社の中で唯一、紛失時の補償サービスを用意。また東北支援デザインカードが用意されていて、カードを持つことで社会貢献できるものもある等「スタバらしい」独自の特色を打ち出せています。

「+ポイント」の付加価値がうれしい1枚

今回はドトールカードの紹介をしました。他にもプリペイドカードにはキャッシュレスで素早く会計できるメリットがあります。チャージする手間や紛失の心配等のデメリットはありますが、それを上回るメリットがあるのではないでしょうか。

いつものコーヒー代に付加価値をつけることのできるこのプリペイドカードは、ドトールに行くことのある人ならばぜひ持つべき1枚ということができます。(執筆者:山内 理恵)

おすすめプリペイドカードなら↓
アプリから誰でも簡単登録! 1分で発行できるVisaプリペイドカード「バンドルカード」