クレジットカードにはさまざまな種類があります。小売系、信販系、銀行系などです。今回は地方銀行が発行するクレジットカードについてご紹介。

地銀系クレジットカードって?

「みずほ銀行」、「三菱東京UFJ銀行」などの「都市銀行」が出しているクレジットカードを持っている人は多いですよね。

銀行のカードは、キャッシュカードとクレジットカードが一体になっているものです。口座を開いてキャッシュカードを作るときに、クレジット付きを薦められて作るケースが多いですね。

ただ「都市銀行」は地方に住んでいる場合は、街の中心部にしかないケースが多く、いつも使うには不便なことも。預金口座は「地方銀行」を普段から使っている人が、特に地方にお住まいの方には多いのではないでしょうか。

「都市銀行」以外の「地方銀行」でもクレジット一体型のキャッシュカードを発行しているところが多く、また銀行によってはお得に使えることがあります。いくつか地銀系カードの例をご紹介します。

静岡銀行「ジョイカ」カード

静岡銀行「しずぎん」のクレジット一体型のキャッシュカードを「ジョイカ(joyca)」と言います。年会費は初年度無料、2年目からはショッピング年間利用額10万円以上などの条件を満たせば無料になります。

お得なのはポイントの貯まり方で、通常のクレジット払いのほか口座への給与振込みや積み立て預金など銀行とのお取引で毎月ポイントが貯まるのが大きな特典です。貯まったポイントは商品券などへの交換のほか、なんと定期預金の金利アップ特典に利用することも可能です。しずぎんで貯金を管理している人にはありがたい特典ですね。

福岡銀行「アレコレカード」

福岡銀行「ふくぎん」では「アレコレカード」を発行しています。年会費はしずぎんと同じく、2年目以降に条件付きで無料にできます。

ふくぎんのATMやコンビニATMの利用手数料が1年間無料になるという特典があります。生活時間帯によってATMの利用が夜中になってしまう方にとっては、毎回数百円の手数料とは言え無料になるのは嬉しいですよね。

また利用額に応じてボーナスポイントが貰えるなど、地銀系カードにも、他の小売系カードのように特典がたくさんついているものがあります。

地銀系のクレジットカードでも、最近は国際ブランドがついて大変利用しやすいカードになっています。ぜひお住まいの地域の地銀で発行しているクレジットカードも、調べてみては? (執筆者:小山 菜々恵)