今年、ボジョレーヌーヴォーを飲みますか?

2015年のボジョレーヌーヴォー解禁日は11月19日(木)となっており、解禁を首を長くして待っているボジョレーヌーヴォーファンが少なくないかもしれません。

確かにボジョレーヌーヴォーも良いのですが、株主優待として貰えるワインも悪くありませんよ。格別な味わいです。そこで、株主優待でワインを設定している銘柄の中から、とりわけお手頃価格で買える銘柄を3つご紹介します。

この記事の結論

株主優待でワインを設定している銘柄として、以下の3つをご紹介します。

1)日本フィルコン(5942)
2)サン・ライフ(4656)
3)巴工業(6309)

株主優待でワインが貰える銘柄3つ

日本フィルコン(5942)


≪日本フィルコン http://www.filcon.co.jp/≫

会社概要:フィルター、コンベヤー、フォトマスクなど、金属製品を製造する会社。営業益は横ばいだが、増配決定。
取引市場:東証1部
権利確定月:11月
最低取引価格:53,200円
株主優待:100株以上保有で1000円相当のワイン贈呈

今回紹介する3銘柄の中で一番のお手頃価格。毎年変わらず優待としてワインをくれますし、配当もあります。長期保有を視野に入れた買いでも良いかと。

サン・ライフ(4656)


≪サン・ライフ http://www.sunlife.jp/≫

会社概要:冠婚葬祭業大手。介護事業もてがける。有利子負債0円。
取引市場:ジャスダック
権利確定月:3月
最低取引価格:96,000円
株主優待:100株以上保有でオリジナルスパークリングワイン1本

配当が30円/年なので、配当利回りは3.12%となかなかの高利回りです。株主優待はワインの他に、ホテル50%OFF券や無料在宅入浴サービス利用券など、多数あります。

巴工業(6309)


≪巴工業 http://www.tomo-e.co.jp/≫

会社概要:化学機械メーカー会社。営業益が底ばい。配当金は安定しています。
取引市場:東証1部
権利確定月:10月
最低取引価格:165,700円
株主優待: 100株以上保有で関連会社取扱いのワイン1本贈呈

営業利益は底ばいが続きますが、配当利回りは2.71%とまあまあ。アジア圏にも進出しており、今後の成長に期待したいところです。

100万円以上も投資してワイン1本では割が合わない

株主優待でワインが貰える銘柄を3つ紹介しましたが、この他にもワインを株主優待とする銘柄はあります。ただし、ワインをもらうための最低投資金額が高すぎるんです。たとえば、

・トーメンデバイス(2737)
最低投資金額:998,000円
株主優待:輸入ワイン

・サイゼリヤ(7581)
最低投資金額:1,385,500円
株主優待:1万円相当のイタリアンワインセット

100万円かそれ以上の投資金をもってワイン1本の株主優待を狙うなら、自腹でワインを買うか、または上で紹介した3銘柄のいずれかを買ったほうが良さそうです。参考になれば幸いです。(執筆者:堀 聖人)