クレジットカードの暗証番号を忘れた… 粘り過ぎは禁物


ICチップのついていないクレジットカードでショッピングをすると、サインレスかサインをするかのいずれかの対応です。一方でICチップのついているクレジットカードでのショッピング、もしくはクレジットカードのキャッシングでは暗証番号を入力するケースが多いです。

暗証番号を忘れたら粘らない


暗証番号は申込時に自分で任意の4桁を決めておき、それを決済ごとに入力していきます。誕生日や電話番号などは暗証番号として指定できないのがほとんどですので、覚えにくい番号に指定して忘れてしまったなんてこともあるかもしれません。

うろ覚えで何とか暗証番号を突き止めようとテンキーを押し続けるのもいいでしょうが、粘り過ぎは禁物です。カード会社によっては、1日に3度暗証番号の入力を間違えるとその日の使用ができない、ATMによってはカードが飲み込まれてしまう場合もあるようですので

カード会社に聞いてみよう


そんな時は粘らずに、クレジットカード会社に聞いてみるのが一番です。できるだけ急いで暗証番号を教えてもらいたい気持ちも分かりますが、電話やインターネットで問い合わせをしてもすぐには暗証番号を教えてはくれません

通知方法は、登録されている住所へ暗証番号の通知書が送付されることによって知らされます。

カード会社によって対応は異なる


上記の例は、あくまでも一般的な例であり、実際にはカード会社によって対応が異なります。問い合わせの際に必要な情報も、三井住友VISAカードはカード番号と生年月日、電話番号、JCBカードはカードと返済口座が分かる通帳やキャッシュカード、楽天カードはネットと電話の両方で問い合わせが可能ですが、セキュリティコードが必要になります。

依頼には様々な方法がありますが、通知方法は書面の送付である点では各社とも共通しています。物理的な問題でその日のうちに教えてもらうことは無理ですので、万が一に備えて予備のクレジットカードを持っておくといいですね。(執筆者:角野 達仁)

24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み「楽天カード」

三井住友VISAカードを作る⇒公式サイトへ

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁(かどの たつひと)»筆者の記事一覧 (306) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう