かつては地域とお寺のつながりは非常に強いものがありましたが、今ではそのつながりは希薄になってしまいました。

しかし、家族が亡くなって戒名を授与してもらったり法要をしてもらったりは、お寺にお世話になることが一般的ですよね。普段からお寺のかかわりがない人は、その時にどうやって依頼したらよいのか分からない、そんな人も多いのではないでしょうか。

お坊さん便


≪お坊さん便 画像元:http://obousan.minrevi.jp/≫

そんな時は、株式会社みんれびが提供している「お坊さん便」がいいでしょう。普段からお寺とのお付き合いがない方でも、自宅や墓などにお坊さんに出向いていただいて、法要や戒名の授与などを行なっていただけるサービスです。

お坊さんを呼び寄せると、一般的にお布施の他にもさまざまな諸費用が掛かるため、50万円程度は出費を覚悟しなければなりませんが、お坊さん便では料金はお布施のみでその中にもろもろの費用が込みとなっています。

ちなみに、1か所で法要を行なう場合には3万5000円、戒名を授与してもらう場合や、「自宅とお墓で」など何か所かで法要を依頼する場合には追加料金がかかります。お坊さんにはお世話になりたいが檀家にはなりたくないという方でも、お坊さん便ならばその時だけのお付き合いです。

気になる料金の支払い方法


≪Amazon経由なら電子マネー払いには対応 画像元:http://www.amazon.co.jp/≫

クレカユーザーにとっては、この費用もクレカ払いできればいいのですが、お坊さん便を取り扱っているAmazonを経由しても、クレジットカード払いには対応しておりません

ただし、Amazon経由ならば電子マネー払いには対応しております。対応している電子マネーの種類は楽天EdyとSuica、そしてiDのみですが、Suicaは2万円以上の支払ができませんので、この商品では使えません。

楽天Edyは5万円まで大丈夫ですし、iDは後払い式の電子マネーですので問題なく使えます

注意点


しかし、お坊さん便にはいくつか注意点があります。

実際に法要を行なってもらうには最低でも2週間前には申し込まなければなりませんので、急な葬式には対応できません

また、実際にどんなお坊さんが来るかは全く分かりませんので、「読経が上手なお坊さんに来てほしい」という方は、注意しましょう。(執筆者:角野 達仁)

実際の購入者の口コミなど詳細な情報から霊園を探せる「いいお墓」