「住宅ローン見直し」 10年で約2,000万円節約できました~主婦の金バナ(10)

一目惚れした一軒家を購入


春の気配を感じて、「家を買ったのも春先だったなぁ。あれから10年経ったんだ」と思った。当時、我が家は北海道に住んでいた。用事で上京した際に、たまたま見つけた吉祥寺にある築20年(当時)の中古の一軒家。

一目惚れをし、内覧させてもらった15分で購入を決定。私ひとりで決めたので、夫が物件を見たのは、売買契約と住宅ローンの実行が終わってからだ。「君がいいなら、いいよ」と、賛同してくれた夫の太っ腹ぶりに今でも感謝している。

「借り換え」で「住宅ローン見直し」デビュー

恋に落ちたように家を購入したので、当初組めた住宅ローンは35年固定で3.35%。当時の相場から考えても、少々割高だ。

でも「住宅ローンが借りられて、良かった」くらいにか思っていなかった。あの時の私には「有利な住宅ローンを組む」とか「賢くローンを返済する」とか、そういった発想はなかった。

だから住宅ローンの借り換えをしたのも、たまたま。

買い物帰りに住宅ローン借り換えの看板が目について、時間があったのでフラっと銀行に立ち寄った。試算してもらったら、「今よりも金利が安くなるみたい」。

そんな軽いノリで借り換えをしたのが、私の「住宅ローンの見直し」のコト始めである。

「繰り上げ返済」と「金利交渉」も経験


住宅ローンの見直し方法は、大きくわけて以下の3つがある。

繰り上げ返済:
毎月の返済の他に、貯金など、まとまったお金ができたときに先々の返済を任意で返す方法

借り換え:
新たに別の金融機関でローンを組み、それを原資に元のローンを一括で返済する方法

金利交渉:
ローンを組んでいる銀行に当初約束した金利より、優遇をしてもらえないか交渉してみる方法

この10年間で、住宅ローンの見直し方法3つ全て経験した。

今、最初に組んだローン返済予定表と、現在のローン返済予定表の「2016年3月末現在の残高」を比較してみたら、2,246万8,979円の差額があった。

つまり、10年間で住宅ローンを約2,000万円圧縮した計算になる。さらに。今の住宅ローンの金利は完済まで固定1%で、当初の1/3以下だ。

その間、私が起こしたアクションは6回。(借り換え1回、繰り上げ返済4回、金利交渉1回)。

「住宅ローンの見直し」をする人は意外と少ない

住宅ローンの取材で、あるファイナンシャルプランナーさんがこんなふうに言っていた。

「住宅ローンを『借りた時のまんま』にしている人って、驚くほど多いんだよね。『借り換えをしたら、月々のローン返済額が3,000円安くなりますよ』と言っても、『じゃあ、住宅ローンの見直しをします!』と言う人はいない」

住宅ローンが月額3,000円安くなる。う~ん、大変ビミョーな数字だ。

住宅ローンの借り換えという「面倒くさそうな山」を前にして、月額3,000円という金額で心動く人の方が少ないのでは? 

でも、月額3,000円も、仮に30年間積もったとしたら108万円になる。そういう計算ができるようになると、「ちょっと(かなり?)面倒だけれど、住宅ローンの見直しをしよう」という方向に気持ちが傾く。

長くなったので、一旦切ります。次回は、「家計簿より優先される、「心臓部の書類」って?~主婦の金バナ(11)」(執筆者:楢戸 ひかる)

団信・8疾病保障の保険料0円! 繰上返済手数料0円! の業界最安値水準の金利なら⇒住信SBIネット銀行 公式HP

この記事を書いた人

楢戸 ひかる 楢戸 ひかる()»筆者の記事一覧 (48) http://hikaru-narato.com/

HP「主婦er」を通じて、「これからの主婦の在り方」を、発信中。
吉祥寺の人気カフェ、A.K.Laboで、マネーライター歴20年の経験を生かしたお金についての個人セッションをしています。
<保有資格>:FP技能士2級
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう