現金払いもできるのになぜクレカ払いをするか、それはクレカ払いにするとポイントがもらえるからに他なりません。

同じクレカ払いをするならば、よりポイントが貯まりやすく使いやすいカードがいい、そんなクレカユーザーの希望をかなえるカードが「Orico Card THE POINT」です。

名前からしてポイントが貯まるにおいがプンプンしてきますが、まずは基本スペックを見ていきましょう。

oriko

≪Orico Card THE POINT 画像元:https://www.orico.co.jp/creditcard/thepoint/≫

Orico Card THE POINTの基本スペック

・年会費:永年無料
・国際クレカブランド:VISAもしくはマスター
・貯まるポイント:オリコポイント
・還元率:1%(100円=1オリコポイント)
・電子マネー:iD、QuicPay

電子マネーへの対応について

年会費永年無料というのも魅力的ですが、2つの電子マネーを搭載しているのがすごいですね。カードの裏面を見てみると、しっかりと2種類の電子マネーのロゴが記載されています。

しかもこの2つの電子マネー、両方ともポストペイ型ですので使い勝手はクレジットカードと全く同じで、面倒なチャージの手間がありません。

もちろん、iD、QuicPayでの決済分にもオリコポイントは付与されます。iD、QuicPay以外の電子マネーとの関連については、モバイルSuicaとSMART ICOCAへのチャージについてもポイントが付与されます。

ただし、モバイルSuicaでは年会費が発生してしまいますので、あまりおすすめできません

入会後半年は還元率が2%にアップ!


Orico Card THE POINTに入会すると、入会後半年間は通常1%の還元率が2%にアップ!

常時2%の還元率を誇っていたリクルートカードプラスが新規会員の募集を停止したので、2%の破壊力を持つカードは限られてきました。

半年間の間に何か大きな買い物をする予定がるのであれば、迷わずOrico Card THE POINTに申し込むべきです。

還元率がさらに高い「オリコモール」

さらにお得にポイントを貯めたいなら、「オリコモール」は見逃せません。アマゾンや楽天、ベルメゾンなどの店舗もモールに入っていて、還元率が最大で15%なんてお店もあります。

さらに、オリコモールを経由してお買い物をすると、通常付与されるポイントとは別にオリコモール特別加算ポイントが0.5%上乗せされます

つまり、1%(クレカ決済)+1%(入会後半年ポイントアップ)+最大15%(オリコモール通常加算)+0.5%(オリコモール特別加算)で、17.5%ものポイントがザクザクたまってしまうのです。

ポイントの有効期限が1年間と短いのが難点ですので、TポイントやANAマイルなどに期限切れの前に交換しておきましょう。(執筆者:角野 達仁)

リクルートカード申し込みはこちら