「さあ、願いをいえ」と言われたら、何と言いますか?

「さあ願いをいえ どんな願いもひとつだけかなえてやろう」

の名セリフで有名なマンガ、ドラゴンボール。

私も昔、こう言われたらなんてお願いするか、まじめに考えたものである。

独自にアンケート調査

ふと、周りの人はいったいどんなお願いごとがあるのだろうと気になり始め、独自にアンケート調査を行った(ミルトーク調べ・2016年4月実施)。

■アンケート対象
年代別分布
10代:2%
20代:21%
30代:36%
40代:31%
50代:8%
60代:2%

男女比
男性:32%
女性:68%

質問文
「ドラゴンボールの神龍に「さあ願いを言え」と言われたら何と言いますか?」

「お金」と「夢の実現」がトップ

かなえたい願いとくれば最も人気のあるお願いとは、そう、お金である。

こちらも当方の予想通り、2割ほどの人がこのお願いを挙げていた。

* お金が欲しい!(20代・女性)

* お金をください(30代・男性)

という素直なお願いはもちろんのこと、

* 永遠にお金が湧いて出てくる泉が欲しいです。(30代・女性)

* 10億円ほしいです(30代・女性)

* 宝くじ1等(40代・男性)

といった具体的なお願いまで、沸き起こる金銭欲がビシビシと伝わってくるようだった。

また、お金と同率で多かった「夢の実現」だが、これは

* 体を換装できるようにしてほしい(20代・男性)

* 魔女にしてください。(30代・女性)

【換装:部品や装備を、性能の異なる他の部品や装備に取り換えること】

といった本当に夢の話もあれば、

* 長く気持ちよく働ける良い就職先をください(30代・女性)

* デブが最も美しい事であると認識される世界(50代・男性)

のように、切実ながらも「それが最もかなえたい願いなのか……」と思わずうなってしまうようなものもあった。


意外にも少なかった「恋愛」の願い

私が意外に思ったのが「素敵な彼氏or彼女がほしい」や「結婚したい」といった恋愛・結婚関連の願いが少なかったことである。

全体の2%しかいなかった

みな、すでに恋愛・結婚について満たされているのだろうか、または人生においてこれらはすでに優先順位の低いことになってしまったのだろうか。

こういう結果が、少なからず日本の少子化にも結びついてしまっているのではなかろうかと私は邪推してしまったりするのである。

ハッとさせられる「健康」の願い

割合にして12%だが、自分や他人の健康を願うものも見受けられた。

* 花粉症がなくなりますように。(20代・男性)

* 痩せたい!(40代・女性)

のように、「だよね~!」と同意したくなるものから、

* 父の難病を治してください!(40代・女性)

* 突然の病気や事故で亡くなった友人・知人を生き返らせる。寿命で亡くなった祖父・祖母・おじ・おば等は、お礼とお別れを伝えるために1日でもいいので逢いたい。亡くした婚約者の蘇生と結婚。(40代・男性)

と、2つ目の願いに至ってはもう願いが3つになってしまっているが、働き盛りの我々にとってつい見落としがちな健康のありがたみもこういう切実な願いに触れることによって気付かされることもある。

案の定、8割以上が「自分のため」の願いを言った

以上、ご覧のように、回答文全体を見渡して大きく分けられたのが、「自分のため」の願いと「他人のため」の2つであった。

当然といえば当然であろうが、8割以上にあたる86%の人が自分の利益のためにかなえたい願いを言っていた

他人のための願いとしてあったのが、

* 戦争や事件のない平和な世界にしてほしい。罪の無い人が犠牲になはない世界(30代・女性)

* 「地震・津波・噴火・土砂崩れ・雪崩(なだれ)」などの<自然災害>を減らしてください。(40代・女性)

のように、社会情勢や災害にまつわる願いがほとんどであった。最後に100人中、たった1人であったが

* 特にないです(40代・女性)

という無欲な人もいた。この人はなぜそう思ったのか、ぜひ聞いてみたいものである。(執筆者:小野 雄吾)

この記事を書いた人

小野 雄吾 小野 雄吾()»筆者の記事一覧 (23)

1975年8月、東京都出身。Web制作の仕事一筋15年を経て、2015年7月にサラリーマンのお金に関する悩みを解決させるWebメディアを立ち上げる。自分の家庭の家計管理を担当し、投資、貯蓄で多少の成果を出してはいるものの、肝心の給与収入だけはなかなか上げられずに肩身の狭い日々を送る。
<保有資格>:ウェブ解析士
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう