遺族厚生年金には、一定要件を満たした「妻(寡婦)」に加算される「中高齢の寡婦加算」というものがあります

今回はこの加算額をピックアップしてみたいと思います。

「中高齢の寡婦加算」とは

夫の亡くなった時に、子のない妻には「遺族基礎年金(※1)」が支給されません。

また、子のある妻でも「遺族基礎年金(※1)」が出なくなる場合があります。

その場合、「遺族厚生年金」のみとなり低額のものとなる場合があります。

年金額が少しでも低額にならないように「中高齢の寡婦加算」があります

ただし、妻が亡くなった時に夫には支給されません。

※1 「遺族基礎年金」の詳細は、2016年3月31日の記事「手続き忘れのある「遺族基礎年金」について」をご参照ください。

「中高齢の寡婦加算」の支給要件

「中高齢の寡婦加算」は、以下のような時に支給されます

1. 「亡くなった方」の要件

(イ) 在職中(厚生年金保険を掛けている)のとき
(ロ) 在職中にある傷病の初診日よりその傷病により5年以内に亡くなった時(退職後に亡くなった場合)
(ハ) 障害等級の1級又は2等級の状態で亡くなったとき
(ニ) 厚生年金を20年以上掛けている夫が亡くなったとき

2. 受給できる「妻」の要件

(イ) 夫の亡くなった時に40歳以上65歳未満であること
(ロ) 40歳に達した時に、「遺族基礎年金(※1)」が失権しもらえなくなったとき

「中高齢の寡婦加算」の額

「中高齢の寡婦加算」の額は、以下の通りとなります。

「中高齢の寡婦加算」年額58万5,100円(平成28年度)= 「遺族基礎年金(※1)」× 4分の3

また、「中高齢の寡婦加算」の受給要件を満たした昭和31年4月1日以前生まれの方は、65歳以降にも加算(「経過的寡婦加算」といいうます。)される場合があります。(執筆者:社会保険労務士 高橋 豊)