「上級カード」というとゴールドカードをイメージしますが、最近では実質年会費無料のゴールドカードもあるなど、その価値は相対的に低下しています。

ゴールドカードではないものの、エリアを限定することでプレミアムなカードに変貌するカードがあります。

それが「銀座ダイナースクラブカード」です。


≪画像元:http://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/ginzadiners.html≫

銀座ダイナースクラブカードの概要

銀座ダイナースクラブカードの基本スペックは、以下のようになっています。

・ 年会費:2万7000円(家族会員は無料)
・ ポイント:100円=1ポイント(1ポイント=0.4円相当~)
・ 付帯保険:国内、海外旅行傷害保険:最高1億円(条件あり)
・ ショッピング保険:最高500万円

通常のダイナースクラブカードは券面に地球が描かれていますが、銀座ダイナースクラブカードは大きく「G」と書かれております。

ラウンジが利用可能


≪画像元:http://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/ginzadiners.html≫

銀座ダイナースクラブカードを持っていると、銀座の中心にある「ダイナースクラブ銀座ラウンジ」を利用できます

このラウンジは、通常のダイナースでは利用不可で、銀座ダイナースクラブカード、ダイナースクラブプレミアムカード以上のステータスがなければなりません。

カード会員のほか、同行者も1名まで無料で利用可能です。

コンシェルジュも常駐していますので、レストランの予約などもその場で可能。

コーヒーや紅茶を無料で提供しているほか、特製のチョコレートも提供しています。

セミナーやコンサートも開催していますので、サービスの利用だけでなく自分磨きもできますね。

他にも、東京駅に直結している大丸東京店のラウンジ、「D’sラウンジトーキョー」も利用可能です。ここでもフリードリンクが利用可能です。

銀座での優待サービス


≪画像元:https://www.diners.co.jp/ja/gourmet/search/R0149.html#OMT≫

そして、銀座ダイナースクラブカードの真骨頂といえば、銀座での各種優待サービスです。

銀座5丁目の「アルマーニ / リストランテ」では、ウェルカムドリンクを人数分提供したり、飲食代10%オフ、限定ランチメニューの提供などがあります。

銀座8丁目の「瀬戸内料理 すみのえ」では、限定の「ダイナースクラブおもてなしプラン特別コース」を1万5,000円で提供してくれます。

夜の銀座でも活躍してくれ、銀座7丁目の「BAR CHRONOS」ではおつまみを1名につき1品サービスしてくれます。

銀座2丁目のシガーバー「JWC 2nd Avenue GINZA」では、飲食代が30%オフになるのです。

銀座を愛する方が持てば、銀座の新たな一面を発見できることでしょう。(執筆者:角野 達仁)