「賃貸併用住宅」を取得した人、「戸建住宅」を取得した人、その差は?

「戸建住宅」を取得と「賃貸併用住宅」を取得を比較します

【戸建て住宅のみを取得した人】

戸建住宅は費用が掛かる買い物です。戸建やファミリーマンションを購入した人は、住宅ローンを組んだ後、毎月給与からローンの返済をしなければなりません。

都内の一世帯で、毎月10万円から15万円の返済となります。毎月の返済額を10万円とすると、年間120万円です。

30歳で自宅を購入して返済が終わる35年後はちょうど65歳。
住宅ローンの支払い総額は、

120万円 (年間) x 35年 = 4,200万円

35年間で、給与から4,200万円が失われてしまうのです。

【賃貸併用住宅を取得した人】

適切な賃貸運営ができる新築木造の賃貸併用住宅を所有した人は、自宅を取得した後に大きなローンの返済の負担を負わなくて済みます。

賃貸併用住宅は自宅と家賃収入がある賃貸部屋が併存している建物です。

家賃収入があることで、住宅ローンの返済負担を減らすことができます。給与収入から住宅ローンを返済するのではなく、家賃から支払います

更には、ローン返済額以上の家賃収入を得て、余りが利益となります。

戸建てのみを取得した人は4,200万円もの大金を失い、賃貸併用住宅を取得した人は出費がほぼゼロになるのです。生涯の支払い負担の差は、4,200万円

戸建住宅を購入するのか、賃貸併用住宅を取得するのか、あなたの決断で進むべき道が分かれます。賃貸併用住宅を活用して、この収益の使い道を決めるのはあなたです。

4,200万円は夢をかなえるのに十分な額といえます。またこの資金をもとして2棟目の収益物件を取得し、さらに資産や賃貸収入を倍増させることも可能です。

そのために習得すべき知識があり、準備しなければならないこと

綿密な事業計画を立てて実行することが必要です。

賃貸経営に詳しくない戸建工務店や地方の中古住宅では実現できません。実績のある仲介/設計/施工/コンサル専門家チームに話を聞きましょう。

賃貸併用住宅を取得する前にやるべきことは

1. 賃貸経営に詳しい専門家からしっかりと話を聞くこと
2. すでに実行をしている先輩オーナーさんの話を聞くこと

この2つをお勧めします。

この賃貸併用住宅を活用して、収益を得る方法は特に有効です。戸建やファミリーマンションを購入する前に、賃貸併用住宅の活用法を検討してみましょう。(執筆者:大長 伸吉)

この記事を書いた人

大長 伸吉 大長 伸吉()»筆者の記事一覧 (37) http://nenkinooya.com/

ランガルハウス株式会社 代表
サラリーマン誰もが不動産賃貸物件を新築し、副収入と資産を得るチャンスがあることを自己の体験と現在のサポート事例により立証している。その実例に基づいたノウハウをセミナーと相談会にて解説し、相談者が満室経営をするまでをサポート。月収300万円を獲得したサラリーマンが月収300万を獲得した事例、年収500万のサラリーマンが年530万の副収入を獲得できた事例やローン返済期間30年を15年に短縮する方法など、独自のノウハウが好評。土地取得から満室経営までトータルサポートを行い、38人が44棟185室の新築物件を取得し、年金不安を払拭できている。セミナー参加者は累計1848人、相談会は2035回に達する。自身は4棟21室の物件を運営している。
<保有資格>:AFP、宅地建物取引士、貸金業務取扱主任者
【寄稿者にメッセージを送る】

大長 伸吉の著書

  
今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう