(岩手県八幡平市)成婚祝い金50万円
(宮崎県木城町)転入奨励金30万円
(広島県三次市)特定不妊治療費全額補助
(和歌山県高野町)保育園から中学生まで給食費無料
(岡山県高梁市)出産祝い金として第3子50万円、第4子100万円支給
※それぞれ支給には一定の要件あり

住んでいる地域によってこんなに違う、各自治体の様々な支援制度

「その制度羨ましい」と感じる一方で、「都会の暮らしの快適さは捨てられない」と、思っている人も少なくありませんよね。

でも実は更に上を行く快適さが、アナタを待っているかも知れません。今回は「移住体験ツアー」を御紹介します。

山梨県都留市が行なう移住体験ツアー

山梨県の東部にある都留市。「都留市移住・定住相談センター」が主体となり、移住に向けて積極的なイベントが開催されています。

2016年7月2日(土)に行なわれるのが「つるしるツアー」。参加費は無料です(昼食は実費)。現地に午前11時に集合し、まずはオリエンテーションそして昼食。

その後は住環境や大学見学など、様々な場所を見て回る「移住下見体験」。それから「地域住民のお宅訪問」「交流会」など、「実際の暮らしを知りたい」という人にとってはとても役立つ充実した内容となっています。

また1泊2日の移住体験も随時募集しており、キッチン・バスルーム・布団一式・エアコン・テレビ・調理器具などが揃っているエコハウスに無料で宿泊(食事などは実費負担)。

市内を案内してもらえたり地域住民との交流も出来るので、「住む目線」での体験が可能です。お問い合わせは「都留市移住・定住相談センター」まで。

五島移住体験プラン(五島ステイ滞在型プラン)

販売期間:平成28年2月1日~平成29年3月31日

(除外日8/5~8/20、12/25~1/5)1名様から受け付け可

2つの体験プログラムを盛り込んだ基本プラン

大人おひとり様2万9,000円(税込み)に含まれるもの

往復の船賃(ジェットフォイル往復運賃)・1泊2食の民泊代・島ぐらし体験プログラム2種類

島内のブロッコリー農家で、アルバイトができるプラン(11月~5月限定)

大人おひとり様2万円(税込み)に含まれるもの

往復の船賃(ジェットフォイル往復運賃)・1泊2食の民泊代・ブロッコリー収穫を時給750円で7.5時間までアルバイト出来ます。(追加で島ぐらし体験プログラムも利用可能)

島ぐらし体験プログラム(五島五感塾)

【漁業体験】…いかだ釣り、船釣り、たこつぼ漁、定置網漁など

【農林業体験】…野菜の収穫、山菜採り、イモ掘り、椿の実収穫・搾油など

【味覚体験】…かんころ餅づくり、漁師めしづくり、すり身揚げづくり、花寿司づくりなど

【歴史体験】…島のベテラン師匠と歴史散策

【自然体験】…無人島クルーズ、磯遊び、トレッキング、シーカヤックなど

【工芸体験】…ステンドグラス、バラモン凧絵付け、陶芸、木工品づくりなど

滞在延長も可能

民泊1泊2食 … 7,560円
旅館 〃 …   8,000円
民宿  〃 …   7,560円
民宿1泊食事なし… 4,320円

7泊以上、最長30泊までの利用限定

武家屋敷(お試し移住体験施設)が無償でご利用可能。広さは3DK、設備は風呂、トイレ、照明、冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ等。

布団一式のレンタルもあります。水道光熱費や汲み取り料は実費、食事は付いていません。

詳しくは五島移住体験プラン(pdf)まで。

静岡県中部(藤枝・島田・牧之原)空き家めぐり&移住体験ツアー

日程:2016年7月30日(土)~31日(日)静岡県外にお住まいの方が対象で定員は15名(定員になり次第締め切ります)。

集合場所:JR静岡駅。集合場所までの交通費、宿泊費、飲食費等は自己負担になります。

市内見学や空き家見学、先輩移住者との交流、陶芸体験などがあります。夜は温泉ホテルに宿泊します。

詳しくは、静岡県中部空き家めぐり&移住体験ツアー(pdf)

わかやま「なごみ」暮らし現地体験会in那智勝浦町(色川地区)

日程:2016年7月22日(金)~24日(日) 

2泊3日定員は15名(抽選制・締切は7月14日)費用は1万5,000円で小学生以下は無料です。

集合場所:JR新大阪駅。集合場所からの交通費は和歌山県が負担します。

「子どもが育つ本当の自然がここにある」をコンセプトに、オリエンテーション、学校見学、自然体験、農作業体験、BBQ交流会などが予定されています。

和歌山県ではこのほかにも様々な移住体験ツアーを実施しています。

詳しくは田舎暮らし応援県和歌山まで。

まずは気軽に参加してみよう

このほかにも様々な自治体で移住体験を行なっています。気になる地域があるようなら、ぜひHPなどでチェックしてみて下さい。

・JOIN ニッポン移住交流ナビ

・ふるさと回帰支援センター

住み慣れた地域を離れるのは勇気がいることですが、新しい場所に慣れてしまえばそんな不安はいつか笑い話になるでしょう。

自分の住む場所やライフスタイルを決めつけてしまうのではなく、新しい世界を切り開いてみることで人生の彩りがグッと華やかなものに変わるかも知れません

知らなかった空の色、自然のにおい、風の音、四季の風景、そして新しい出会い…。ハードルを高くしてしまうのは、意外と自分自身だったりもします。

まずは移住体験ツアーから参加してみませんか?(執筆者:藤 なつき)