これからFXを始めるFX初心者が最初にすることの一つにFX口座の開設がありますが、FX初心者におすすめできるFX口座があればそうでない口座もあるんです。

おすすめFX口座とそうでない口座の決定的な違いとは何でしょうか? 

この違いを知っておくだけで、FX取引において順調なスタートを切ることができるはずです。どうぞ最後までご覧ください。

FX初心者におすすめできるFX口座とそうでない口座

FX初心者におすすめできるFX口座の共通点に、「取引単位」が関係しています。取引単位を一つの基準としてFX口座の選別が重要なのです。

おすすめFX口座とそうでない口座の決定的な違い

FX初心者がFX取引を始めるときに十二分に注意しなければならないのが、FXトレード特有の取引リスクです。

ご存知の通り、FX取引はレバレッジをかけられるため少額の投資金で最大25倍分の外貨を運用することができます

しかし、為替レートはときに激しく変動しますから、大きなリターンを狙いやすい反面、損失も大きくなる傾向にあります。そう、ハイリターン・ハイリスクがFXの特色なのです

くせのある為替取引にまだ慣れていないFX初心者は、初めは極力リスクを抑えてトレードするべきなのですが、FX口座が規定する最小取引単位によっては知らずうちにハイリスクな取引をしていることも。

ここで出てきた取引単位ですが、実はFX各口座では最小取引単位に関する規定が異なります。たとえば、

SBIFXトレード:1通貨
マネーパートナーズFXnano :100通貨
外為ジャパン :1,000通貨
FXプライムbyGMO :1,000通貨
GMOクリック証券 :1万通貨
DMMFX :1万通貨

このようにFX口座によって最小取引単位が異なり、言うまでもなく取引量が多いほどリスクの高い取引になります。

FX初心者におすすめなのは、1,000通貨以下の取引です。どんなに多くても1,000通貨で取引を行ない、FX取引や為替市場に慣れてきてから取引量を少しずつ増やすことをおすすめしています。

そこで問題になるのが、最小取引単位が1万通貨のFX口座。上で挙げたように、GMOクリック証券やDMMFXは人気の高いFX口座なのですが、デメリットは1,000通貨単位でのトレードができないことです

いくら人気があるFX口座でも1,000通貨単位取引ができないのでは、FX初心者に自信をもっておすすめすることはできません。これがFX初心者におすすめできるFX口座とそうでない口座の決定的な違いです。

FX初心者におすすめできるFX口座⇒1,000通貨単位以下で取引できる口座
FX初心者におすすめできないFX口座⇒最小取引単位が1万通貨の口座

FX初心者は初めは1,000通貨単位かそれ以下で取引し、慣れてきたら少しずつ取引量を増やしていくのがポイントです。たとえば、

<取引例1>
外為ジャパンやFXプライムにて1,000通貨取引を始める。慣れてきたら同じFX口座で取引量を増やしていき、将来的には人気口座のGMOクリック証券やDMMFXでの取引を考える。

1,000通貨単位で取引を始めたいなら⇒外為ジャパンまたはFXプライムbyGMO

<取引例2>
SBIFXトレードやマネーパートナーズFXnanoにて1通貨や100通貨単位でFX取引を始める。慣れてきたら同じFX口座で取引量を増やしていき、将来的には人気口座のGMOクリック証券やDMMFXでの取引を考える。

100通貨単位で取引を始めたいなら⇒マネーパートナーズ FX nano
1通貨単位で取引を始めたいなら⇒SBIFXトレード

取引例<1>と<2>の違いは、1,000通貨単位で取引を始めるか或いは1~100通貨で取引するかの違いです。どちらを選択するかはお好みになりますが、いずれにしろ1,000通貨単位かそれ以下でFX取引を始める。これが鉄則ですので、肝に銘じておいてください。

半自動取引をご希望なら “おすすめ口座” も違う

上述した1,000通貨または1~100通貨単位取引はすべて裁量取引での話です。つまり、自分で売買タイミングを見計らい注文する取引のことですね。

しかし、FX初心者ができるのは裁量取引だけでなく、今FX業界で主流になりつつある半自動取引も手掛けることができます。

半自動取引とは、買いや売りのタイミングや取引量、または取引の方向性は自分で選び、取引を設定したら後はFX口座が自動で取引してくれるものです

どんな半自動取引があるかというと、たとえば、

レバレッジ付き定期外貨取引(SBIFXトレード
【トラップリピートイフダン】
iサイクル注文(外為オンライン

などなど。一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これら半自動取引はFX裁量取引とは全く違う方向性のFX取引で、ここで挙げた半自動取引商品もそれぞれに特色があります。

以上の点をふまえると、裁量取引ではなく半自動取引をしたいという方には、やはりおすすめFX口座が違ってくるわけですね

FX初心者におすすめできるFX口座とそうでない口座 まとめ

では、今回の記事を簡単にまとめてみます。

FX初心者は1,000通貨またはそれ以下の単位で取引するのが絶対条件です。それをふまえておすすめできるFX口座は、

SBIFXトレード(1通貨単位取引)
マネーパートナーズFXnano(100通貨単位取引)
外為ジャパン(1,000通貨単位取引)
FXプライムbyGMO(1,000通貨単位取引)

逆におすすめできないのは、DMMFXやGMOクリック証券といった最小取引単位が1万通貨のFX口座です。

半自動取引など裁量取引とは違う手法でFX取引をしたいなら、選択すべきFX口座も変わることをお忘れなく。それでは、また。

1通貨取引かつ定期外貨購入ができるおすすめ口座⇒SBIFXトレード

マネーパートナーズ

マネースクウェア・ジャパン

(執筆者:堀 聖人)