「子育て支援センター」の人気の理由

・入館料は無料、もしくは数百円。
・雨が降っても心配なし。
・乳幼児が退屈しない。
・保護者もちょっとのんびり出来ちゃう。

それが「子育て支援センター」の人気の理由なのですが、

「そういう所って、がっかりするパターン多いよね」

と、思っている人も少なくないでしょう。

しかし今回は「がっかりしないパターン」をしっかり御紹介します。

これを見たら、きっとお住まいの地域の「子育て支援センター」に行ってみたくなりますよ。

港区子育てひろば あっぴぃ台場

港区在住の3歳までのお子さんと、その保護者が利用出来る無料の施設です。

親子で自由に過ごせるスペースや相談室、ポットや電子レンジが使用出来るミニキッチンもあり、オモチャや絵本も用意されています。

子育て相談や親同士の交流、乳幼児と保護者がゆっくり過ごせることを目的として作られた施設です。

ここでは次のような各種イベントが開催されています。

毎週土日は「PaPa工作DAY」

・ マラカス 20円
・ 牛乳パック乗り物 30円
・ おきあがりこぼし 20円
・ ヘビのパペット 100円

など、びっくりするような低価格での工作が楽しめます。

また「親子deフラダンス」、「ウクレレコンサート」、いろいろな人と触れ合って遊ぶ「ふれあいTime」などイベントも盛りだくさん。

予約が必要なイベントもあるので、HPやお電話で確認して下さい。

TEL:03(5520)9061
HP:港区子育てひろば あっぴぃ台場
開館日:月曜日~日曜日 11:00~18:00 (年末年始等 休館日あり)

港区の子育てひろば「あっぴぃ」は、このほかにも港南、芝浦、麻布、新橋などにもあります。

0歳から就学前までのお子さんの一時預かりを行なっている施設もあるので、詳細はHPなどで確認してみて下さい。

港区立芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ(愛称 あいぷら)

港区には乳幼児対象だけではなく、小中学生や高齢者も楽しめる施設があります。

この施設は、乳幼児から高齢者の共生の場として開設されました。

利用対象者は0~18歳の乳幼児(保護者の付き添いが必要)・児童・その保護者、港区在住の60歳以上の方

乳幼児…子育て広場
児童… 生活の場
小学生…遊びの場
中高生…活躍の場
高齢者…生きがいの場

「一人ひとりが主役です」というコンセプトのもと、様々な表情を兼ね備えた施設となっています。

乳幼児では生後1ヶ月から未就学児までのプログラムやイベント

親子遊び、リズム体操、アートプログラムやクッキング、わらべ歌、育児相談など、様々なメニューが盛り込まれています。

小学生のプログラムやイベント

フラダンス、カラオケ、ボール遊び、企画工作、陶芸などがあります。

中高生のプログラムやイベント

スポーツプラグラム、中高生カフェ、お泊まり会、クリスマスパーティーなどが行なわれています。

高齢者のプログラムやイベント

書道、水墨画、マージャン、囲碁、そば打ち、陶芸、フラレッスン、卓球等々たくさんのプログラムが実施されています。

もちろんこの施設ならではの世代間交流も行なわれており、昔あそび、歌の会、新年交流会などで、子ども達と高齢者が触れ合える場を積極的に提供しています。

詳細・お問い合わせは港区立芝浦アイランド児童高齢者交流プラザのHPを御覧下さい。

福岡市中央児童会館 あいくる

福岡の繁華街・天神にある児童会館です。

乳幼児とその保護者がゆっくり過ごせる「子どもプラザ」には、自由に遊べる広場のほか、オムツ替えや授乳が出来るスペースや乳幼児向けのトイレも設置されています。

一時預かり室

また一時預かり室では生後6か月から小学校就学前の乳幼児を対象に、3歳未満は600円/時間、3歳以上は500円/時間での一時預かりを行なっています。

保護者の通院、冠婚葬祭、リフレッシュ等に気軽に利用出来るようになっています。

※病中及び病気回復期の乳幼児の預かり出来ません。また初めての利用は登録手続き、面談などが必要なので事前にお問い合わせをお願いします。

児童館には屋上


≪あいくる 屋上広場 画像元:http://jidoukaikan-aikuru.or.jp/floor_rf.php#floorrf01≫

主に小学生までの子ども達が遊べる児童体育室には、とびばこやボールプール、ボルダリングなどがあり、思いっきり体を動かすことが可能です。

更にこの児童館の人気のヒミツは天気が良ければ屋上で遊ぶことが出来ること。

幼児用の三輪車から一輪車、ローラースケートなどの貸し出しが無料。開放感あふれる屋外で楽しく遊べます

音楽室、多目的室なども完備

更に音楽活動や演奏体験が出来る音楽室(ドラムセットやアップライトピアノなども利用可)、ダンスや演劇のレッスンにも利用出来る多目的室、工芸室や学習室等も完備。様々なことに幅広くチャレンジ
出来ます(これらの部屋の利用は事前に予約が必要です)。

このほかにも図書コーナーやPCコーナー、乳幼児から小中高生・大人までの全ての世代が交流できるスペースや飲食コーナーもあります

ご利用時間

・ 児童会館…午前9時~午後9時まで
・ 子どもプラザ、一時預かり…午前9時~午後6時まで
・ 小学生…午後6時まで
・ 中学生…午後7時まで
・ 高校生…午後9時まで

休館日、お問い合わせ等は「福岡市中央児童会館 あいくる」HPを御確認下さい。

愛知県児童総合センター

愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園」の中にあるこの施設。

館内に入ってまず視界に飛び込んでくるのが「チャレンジタワー」。一番上は標高160メートル、360度パノラマの展望フロアになっています。

「キッチンスタジオ」では子ども達が料理にチャレンジ。「えほんのへや」には、たくさんの本が子ども達を待っています。

乳幼児や大人がゆっくり出来る「あのねっとのへや」、小学生も遊べる「あそびステーション」、音や光を体験する発見ゾーン「音・光」など、子ども達の好奇心をめいっぱいくすぐる施設となっています。

更に様々なプログラムも用意されており、センター内のいろんな場所に隠された文字を見付ける「ハンティングワード」や、土の粘土でうずまきを作って遊ぶ「うずまきぱん」、また屋外にある畑での収穫体験なども行なわれています。

レストランもありますが、お弁当やおやつの持ち込みもOKです。

近くには芝生の広場や水遊びが出来る「水のひろば」、アスレチックの遊具等もあるので、1日中飽きることなく遊べます。

「愛・地球博記念公園」内には温水プールやアイススケート場、サイクリングコースなどの施設があります。


≪モリコロパーク温水プール 画像元:http://moricoro-park.com/shisetsu/pool/≫

愛知県児童総合センターの入館料は中学生以下が無料。高校生以上は300円です。
詳細は愛知県児童総合センターHPで御確認下さい。

さあ、お得感ありの遊び場へ

無料もしくは低価格、更に天候に関係なく遊べて、子ども達の「楽しい!」顔が見られるのであれば、もう何も言うことなし。

それだけで「お得感」ありの十分幸せな気分に浸れます。

お住まいの地域にも「子育て支援センター」、もしくはそれに似た児童会館、〇〇センター等の施設があるかも知れないので、自治体に問い合わせてみるといいでしょう。

子どもも保護者も笑顔になれて、出来るだけお金をかけずに楽しめる遊び場。ぜひ一度お出かけになってみてはいかがでしょうか?(執筆者:藤 なつき)