人生で最も大きな買い物は「夢のマイホーム」ですが、その次に大きな買い物は「憧れのマイカー」ではないでしょうか?

クレジットカードユーザーとしては、動くお金が大きな買い物ほどカード払いしたいものですが、残念ながら家を買えるクレジットカードはありません。

中古車を購入できる販売店ならばいくつかありますが、魅力的な新車を購入しようとなると、カードの活躍する余地はほとんどありません。

しかし、トヨタの車をお得に買うことができるクレジットカードがあるのです。今回は、そんなクレジットカード「TS CUBIC CARD」を紹介します。


≪TS CUBIC CARD 申し込み画面より≫

TS CUBIC CARDの概要

まずは、TS CUBIC CARDの概要を紹介します。

・ 発行元 → トヨタファイナンス

・ 国際ブランド → VISA、マスター、JCB

・ 年会費 → 税抜1,250円(初年度無料)

・ 家族会員 → 1名につき税抜400円(本人会員が初年度年会費無料期間中は無料)

・ ETCカード → 年会費無料

・ 申込資格 → 18歳以上で本人に安定継続収入のある方

・ 利用枠 → 10~100万円

・ 電子マネー → QUICPay

・ 付帯保険 → ショッピング補償保険(海外のみ)

・ ポイント → 1,000円利用→10ポイント

貯めたポイントを車のクレジット代に充てられる「使ってバック」

貯まったポイントは、キャッシュバックや魅力的な商品との交換も可能ですが、TS CUBIC CARDならではのユニークな特典が「使ってバック」です。

これは、トヨタのお店で車を購入したときに、TS CUBIC CARDを提示して申し込むものです。新車購入の場合には、1ポイント=1.5円、中古車購入の場合は1ポイント=1円の比率でクレジットの支払いに充てられます

「使ってバック」のシミュレーション

少しわかりにくいので、実際に例を挙げてみましょう。

(1) トヨタのプリウスの新車を60回払いで購入する

(2) 頭金30万円を「TS CUBIC CARD」で支払う
→1,000円=10ポイント貯まるので30万円=3000ポイント貯まる

(3) 貯まった3,000ポイント(新車だと1ポイント=1.5円の比率なので4,500円分)が、1回目のローン返済分から差し引かれる

(4) 「TS CUBIC CARD」で毎月6万円の買い物をする
→毎月600ポイント貯まり、900円分が毎月の車のローンから差し引かれる(毎月充当の場合)

このパターンですと、

初回キャッシュバック4,500円+毎月キャッシュバック900円×60回=5万8,500円

となり、60回払いで約6万円も返済が軽減される仕組みとなっています

もちろんザクザクポイントが貯まります

「使ってバック」でのキャッシュバックをより多くするためには、ポイントを多く貯めることです。

カードの利用金額を増やすのもいいですが、同じ金額を利用しても効率的にポイントを貯める方法があります

ポイントプラス特約店を利用する

まずは、「ポイントプラス特約店」を利用することです

特約店を利用すれば、1,000円利用につき15ポイントと、通常の1.5倍も多くポイントが貯まります。特約店はエネオスやモービル、JALに近畿日本ツーリスト、大松松坂屋に三越。ENEOSでんきに洋服の青山などがあります。

ポイントアップマーケットWEBを利用する

TS CUBIC CARDのショッピングモール「ポイントアップマーケットWEB」では、買い物をするとボーナスポイントが加算されます

主な店舗とポイントの倍率は、以下の通りです。

・ Yahoo!ショッピング(ポイント2倍)
・ ユニクロ(ポイント2倍)
・ 楽天ブックス(ポイント3倍)
・ 高島屋オンラインストア(ポイント4倍)
・ エクスペディア(ポイント5倍)

他にも、入会6か月間はキャッシュバックやボーナスポイント、値引きサービスなどが受けられるTS CUBIC CARD。憧れのマイカーも、これで少し手が届きますね。(執筆者:角野 達仁)