世間には「Webサイト制作はプロに頼むもの」という認識が今まではありました。私自身は、HTMLとCSSの知識が少々あるものですから、自分の思い通りのWebサイトを作ることがいかに難しいかを実感しているつもりです。

しかし最近、素人でも思い通りのWebサイトが作れるサービスが増加しているのはご存じでしょうか。

「Webサイトビルダー」

情報に敏感な人はご存知かもしれませんが、Webサイト作成が行えるサービスはどんどん増えています。その代表とも言えるのが

WIX
weebly

です。

このようなサービスは「Webサイトビルダー」と呼ばれており、共通しているのはブラウザ上で手軽にWebサイトが作れることです。


≪画像元:http://ja.wix.com/≫

基本的な操作はドラッグ&ドロップ

必要なコンテンツをドラッグ&ドロップで配置して、あとはテキストを打ち込んだり少しアレンジを加えたりするだけです。

これだけ簡単なのに、デザインがいまいちなんてことはありません。デザインに関してはそのテンプレートをデザインしたデザイナーの影響が大きいかもしれませんが、イメージに合ったテンプレートを選択するだけでもかなり完成度の高いWebサイトが作れます

最大の魅力が「無料」という点

一般的なWebサイト作成の相場は最低でも10万円です。

中には5万円という安い制作会社もありますが、そういったところは発注側のリクエストに対して融通が利かなかったり、ちょっとした修正ですぐに追加料金が発生したりと安いなりの理由があるのです。

つまり今までは完成度の高いWebサイトを作るには最低でも10万円は用意しなければなりませんでした。

しかしWebサイトビルダーの多くは基本無料で使えます。どれだけスタイリッシュなWebサイトを作っても無料です。素晴らしいですね。

無料だが制限もある

もちろんすべての機能が無料で使えるわけではありません。そんなことをしたらWebサイトビルダーが存続できませんからね。

Webサイトビルダーの多くは無料だとアップロードの容量が少なかったりドメイン接続ができなかったりといった制限がかかっています。しかしこの制限を解除する料金も非常に低価格なんです。

実際に有名なWebサイトビルダーの制限解錠の価格は下記です。

WIX……月額900円
Weebly……月額8USドル
Jimdo……月額945円

この価格はドメイン接続と広告削除されるプランです。さらに快適に使うための上位のプランも用意されているため、必要に応じて適切なプランを選択できるようになっています。

中には上位プランを選ぶことでヘルプデスクが使えるサービスもあるため、法人向けとしても非常に有用なサービスですね。

便利だが今後の課題も多い

以前のWebサイト制作の面倒さを考えると手放しで褒めたくなるサービスですが、色々な課題もあります。

たとえば「WIX」では操作性にまだまだ改善すべきところがあります。基本的にドラッグ&ドロップで作成でき、コンテンツやページの端へのスナップ機能もありますが、等間隔での配置やサイズの一括指定などがありません

また、海外発のサービスばかりなので日本語対応していなかったり、対応していても微妙な部分があるのも課題です。こういった革新的なサービスの多くが海外発なのは、たびたび残念に思う点ですね。

結論

使わないと損!

まだまだ課題は多いですが、無料かつ素人でも完成度の高いWebサイトを作れるのは魅力です。特に今回取り上げた「WIX」と「Weebly」はスマホサイトへの対応も優秀なため、制作会社に頼むのと遜色ないWebサイトを作ることも可能です。

「WIX」と「Weebly」は企業サイト向けという評価が多いものの、他のサービスでは個人サイト向けやECサイトに特化したサービスもあるため、目的で選ぶといいでしょう。

うまく作れれば制作会社に頼むよりも遙かに安く作れるので、ぜひ試してみてください。(執筆者:小野 雄吾)