数あるREIT商品に温泉特化型REITが加わります。来る2016年8月31日、大江戸温泉ホールディングスが立ち上げた新REIT「大江戸温泉リート投資法人」の上場が決定となりました。

大江戸温泉リート投資法人(3472)のIPOを狙うべきか、検討してみました。また、IPOを狙わずに投資主優待を狙う投資術も紹介しますので、併せてご覧ください

大江戸温泉リート投資法人IPOを狙うか検討してみた


≪大江戸温泉物語(東京お台場)HPより≫

「大江戸温泉リート投資法人」IPOの概要

今回新規上場する「大江戸温泉リート投資法人」は、大江戸温泉ホールディングスが新規で立ち上げるREIT(不動産投資信託)です。

大江戸温泉HDと言えば、日本全国に31か所、温泉旅館や温泉施設を所有する温泉企業です。都内には東京お台場に「大江戸温泉物語」温泉旅館があることで知られています。

今回のREIT上場にあたり、大江戸温泉HDは31物件のうち9物件をREITに売却。取得資金で新たに温泉施設を作り、安定収益見込みの物件をさらにREITに売り込む予定です。この戦略をもってREIT界に “殴り込み”をするつもりらしいですが、果たして成功するのでしょうか。

大江戸温泉リート投資法人IPOの概要は以下の通り

【REIT名称】:大江戸温泉リート投資法人
【証券コード】:3472
【抽選申込期間】:8月16日(火)~19日(金)
【当選発表】:8月22日(月)
【購入申込期間】:8月23日(火)~26日(金)
【上場】:8月31日(水)
【仮条件】:未定
【公募価格】:未定

執筆時点で仮条件や公募価格が未定のため初値予想をするのは難しいのですが、直近のREIT上場がヒントになりそうです。初値価格を公募価格比で記載してみます。

「マリモ地方創生リート投資法人」初値:-3,500円
「タカラレーベン・インフラ投資法人」初値:+9,900円
「スターアジア不動産投資法人」初値:-900円
「ラサールロジポート投資法人」初値:+5,000円
「いちごホテルリート投資法人」初値:-1,900円

IPO投資では公募価格比で上場初値が+5万円、+10万円になることは頻繁にありますが、リートの直近5社は公募価格の±1万円以内でおさまっています。

今回の大江戸温泉リート投資法人IPOも何か特別なことが起きない限り、公募価格から大きく乖離して初値をマークすることはなさそうです。

それをふまえて今回のIPO株を狙いたい方は、以下の主幹事・副幹事証券会社からの申し込みを。

主幹事:野村證券
副幹事:SMBC日興証券

投資主優待設定か?

REITでホテル関連の銘柄では投資主優待が設定されているものがあります。未決定ではありますが、大江戸温泉リート投資法人は温泉施設関連銘柄のため、投資主優待が設定される可能性があります。

※投資主優待とは、株式の株主優待に相当する

星野リゾート・リート(3287)、ジャパン・ホテル・リート(8985)でも投資主優待が導入されていることから、大江戸温泉リート投資法人で導入されても何ら不思議ではありません。

IPO初値価格はあまり期待できませんが、将来的に投資主優待が設定されれば、そちらの期待値のほうが高いですね

すでに31の温泉旅館や施設がある大江戸温泉HD。投資主優待が設定され優待価格で旅館に泊まれるなら、IPO株の購入を前向きに考えても良いなと思っています。

QUOカード×投資主優待=大江戸温泉物語(東京お台場)

これはあくまでも個人的予想による話になりますが、大江戸温泉リート投資法人が投資主優待を設定するなら、QUOカード×投資主優待でさらにお得に大江戸温泉関連施設に泊まれるかもと、勝手に期待しています。

実は、東京お台場限定ですが「大江戸温泉物語」はQUOカードでの支払いができるんです。他の株主優待で獲得したQUOカードや頂いたものが家にあるなら、それで大江戸温泉物語に泊まれます。


≪なかなか使い終わらない5,000円分のQUOカード≫

仮に投資主優待が「関連温泉施設で使える優待券」で、かつ併用できれば、QUOカード×投資主優待でさらにお得。…ま、個人的願望でして。でも、非現実的な話ではないと思っています。

大江戸温泉リート投資法人IPO まとめ

初の温泉特化型REIT、「大江戸温泉リート投資法人」上場は2016年8月31日。IPO株を買いたいなら、野村證券かSMBC日興証券から申込みを。個人的には投資主優待の設定が決定されたら購入を考えたいと思います。

それでは、また。(執筆者:堀 聖人)