浪費家ではないけど、いつの間にか手元のお金が無くなっているということはありませんか?

そんな人は、自分の買い物ルールを見直してみるといいかもしれません。

私ももともとコスメが好きで、雑誌で見かけたものをあれこれ買っていた時期があったのですが、そんなふうに欲にまかせて買い物をしていると、どうして自然とお金がなくなっていってしまいます

そこで現状打破のために買い物ルールを見直したことで、浪費を減らすことができました。今回は、私が日々心得ている買い物ルールをご紹介します。

その1:欲しいものよりも必要なものを買う

デパートで買い物をしていると、魅力的な商品が次々目に飛び込んできて、あれもこれもほしくなってしまいますよね。

洋服はたくさんあっても困らないので、洋服好きの人ほど浪費癖があるのではないでしょうか。しかし、物を買うときに「これは自分に必要かどうか」と考えるようにしてみてください

ほしいものを買うというルールで買い物をしていると、どうしてもたくさんほしくなってしまいますが、必要かどうかを基準にすると、買う対象物は自然と限られてきます。

その2:今すぐ使うものを買う

例えば、靴下が安かったからまとめ買いした、次のシーズンの洋服が店頭に出ていたから少し早いけど買ったという経験はありませんか?

店頭で見かけて一目ぼれした洋服や小物、いつか使うだろうと思って買ったものって、いざ使うときにはやっぱり好みじゃなかったかもと思ったり、必要ではなくなっていたりするんですよね。

そのため、「いつか使うかも」という基準で買うのではなく、「今すぐ使うものかどうか」を基準にしてみてください。今すぐ使うものを買うようにすれば、「買ったけど忘れてた!」ということもなくなります。

その3:安いからという理由だけで買わない

セールなどで値段が安くなっているとお得に思えて買いたくなってしまいますが、その商品が定価であっても買っていたかどうかという基準で判断してみてください

定価であっても買っていたと思うのであれば、それは本当に必要なものでしょうが、定価だったらいらないというものは、もともと必要ではなかったものです。

まとめ

買い物はとても楽しいですが、自分の中でルールを決めておかないと、欲にまかせてあれこれ買ってしまい、いつのまにか浪費してしまいます。

自分にとって本当に必要なものはそう多くはないので、浪費しているかもと思う方は、ぜひ一度買い物ルールを見直してみることをおすすめします。(執筆者:垣内 結以)