「専業主婦」と「借金」。一見して無縁に感じられる2つの言葉です。

しかし、専業主婦の奥様が旦那様に内緒で借金を重ねてしまうという話は、決して新しいものではありません。

また専業主婦は簡単に借金に手を出しにくいだけに、利用できてしまう借金は他に比べて不利だったり違法だったりします。専業主婦がなぜ借金に手を出してしまうのか? 

今回はそのあたりのことについて考えてみます!

家計を任されている責任感から

もちろん自堕落な方が借金を利用しないという訳ではありません。

ただ一方で、「あの人がなぜ?」というか、キチンと家庭を取り仕切っている良妻賢母の専業主婦にも、借金の利用者が少なからずいるんですね。

なぜ彼女たちが(良くないと思いながらも)借金に手を出してしまうのか? それは愛する旦那様に家計を一手に任されているから。お仕事に専念していただくためにお金のことを口に出せないからでしょう

とはいえ、臨時の出費が頻出するのが家計で、人生設計は誰しもが初体験ですから、資金繰りの悪化は実は珍しいことではありません。

そんなときに、責任感の強い専業主婦は、旦那様に言い出せずに借金に手を出してしまうのではないでしょうか

収入を増やせないから

旦那様のお仕事は働いて稼ぐことで、専業主婦の仕事は家事育児と家計管理だとなれば、マジメな専業主婦は一生懸命働いてくれている旦那様に「お金が足りないの」なんて言えないんでしょう

「私が働きに出れば」なんて言っても、下手すれば「オレの稼ぎが少ないのか…」とプライドを傷つけてしまうかもしれません。

背に腹は代えられない状況でも、いやだからこそ、物事の優先順位を見誤ってしまうのでしょうか。

心の隙間を埋める新手の闇金

ソフト闇金」ってご存知ですか? このところ勢力を広げているようです。

闇金なので違法であることは間違いないのですが、貸金業法改正によって借りにくくなった専業主婦たちを主なターゲットに、次のような手口で取り入っているとのことです。

まずは、いわゆる闇金よりも低い金利。それでも法定金利よりは高いんですよ。そして数週間という闇金と比べて長い返済周期。旦那様のお給料をアテにできるんですね。

最後の最大の特徴は、怖くない接客態度です。中にはまるでカウンセラーのように、愚痴や世間話の相手になってくれる闇金業者もいるようです

専業主婦の交友関係ってママ友と親戚以外には過去の同級生くらいで、結婚を機に住処を移ってしまうとほんとうに心細い。そこでさらに困窮してしまうと、誰でもいいからと心の拠り所がほしくなってしまいます。

そこに忍び寄ると…。これは、心が弱っていたら引っかかるかもしれない。

気になる方は「ソフト闇金」で検索してみてください。ホスト通いをしてしまうよりは安くつくか…、いやでも高い。

まとめ

旦那様に内緒で借金に手を出してしまう専業主婦は…

・ そもそも自堕落で管理できない人
・ 責任感が強い人
・ 働いて稼ぐ旦那様のプライドを尊重する人
・ 旦那様以外に話し相手や心の拠り所を求めている人

ようするに、避けるために大切なのは何より夫婦のコミュニケーションですね! でも、男性は目的のない会話を嫌がりますよね…。楽しいし、何より無料なのに。(執筆者:徳田 仁美)