11月11日に算出されたSQ値1万7596円を、週明けの14日に陽線で上抜けたことで、上値追いが想定され、その勢いのまま一気に節目に到達して週末入りとなっています。

この上げ方からみると、更なる上値追いも可能性として充分にあり得るという想い半面、ここ近辺が天井となり一旦調整入りとなるのか? とも思います。

値幅としては、ちょうど良いところまで上げましたが、日柄に関しては21日月曜日が一目理論と対等数値理論で、高値予測としての候補日となっています。

トランプ相場はどうなる?


ファンダメンタルとしては、アメリカの大統領選挙を終えて10日間ほどが過ぎて、いろいろ次期政権での動きも徐々に見え始め、当初思われていたトランプリスクは、完全に後退して実態のある動きが出始めています。

リスクが軽減する分 言われていたリターンに当てはまる部分も実行できるのか? 疑問符が出てきていると思われます。

相対的に見て、期待相場はまだ続く可能性はありますが、トランプ相場だけではそろそろ限界と考えます。

ここからは12月の米国の利上げ観測からくる円安が、相場を引っ張る要因になりそうですが、すでに111円が見えてきた為替相場が、どこまで円安となるのか? 期待と不安で見守っていきたいと思います。

そしてこの後 押してくるとなると、サポートラインとしては、10月28日の高値処。おおむね1万7500円近辺(SQ値)が機能してきて、あわせて25日線も機能するだろうと想定します。

さらに下が前々から言っている1万6900円どころだと考えます。

テクニカル指標


一目均衡表をみると先週同様 現在値が基準線、転換線、雲を上回っていることで完全上昇シグナル中です。

この後の展開として遅行線が月21日月曜日 プチ天底一致となることで、一旦押すかもしれないという展開が想定されます。

ボリンジャーバンド

バンドが広がりながら+2σに沿っていることで、ボリンジャーウォークに入ったと思われる動きです。こうなると+1σと+2σの間で上昇し続けていくことが想定されます。

逆に+1σを終値で割り込んだら、売り玉の仕込みおよび買い玉の縮小、上回ったら売り玉の撤退と再度 買い直しという展開が考えられます。本格的にウォークに入るか週明けは注億です。

スローストキャスト

買われすぎゾーンでの横ばいが始まったかに見える週末です。週明け下げずに横ばうようであれば、完全に上値追いが始まります。

逆にピークにも見えるので週明け前半ぐらいで答えが出ると思われます。

総合判断

完全に上昇トレンド入りしている状況です。いつ終わりが来るかは誰もわかりませんが、さらなる上値追いへの警戒感は必要です。

さて、週末の足型は、窓空けで小幅な陰線形成で週明け下への窓空けで、宵の明星を想像しましたが、今のところはなさそうです。

米国の動きでは小幅高で始まりそうです。

天井圏での横ばいか?
陽線形成で更なる上値追いになるか?
はたまたここから陰線形成で調整入りするか?

日柄 値幅的にはそろそろ押すと思うのですが、どうなるでしょうか?

私の建玉としては節目到達ですので、反対玉(売り玉)を入れて、買い玉の利確を進めて、売り玉が気持ち優勢です。更なる上値追いであれば売り玉ロスカット、買い玉入れ直しです。

逆に21日月曜日に 陰線となるのであれば売り玉の追加と、さらなる買い玉の利確を進めます。週明けも冷静に慎重に見極めたいと思います。(執筆者:城 晶子)