来年の為替予想

こんにちは。日本FX教育機構の野口健幸です。この時期、毎年恒例となっているのが、来年の為替予想です。為替予想は、本来ならやりたくないものです。

何故かと言うと、予想は必ずしも当たるわけではなく、外れることもかなりあるのです。予想する人によって違いますね。だから、予想は誰かが外れるものです。

他の方の来年の予想を見ると、ドル円130円なんて予想している人は皆無ですね。中には円高になって100円割れするなんて予想もありました。

私は

ドル円は130円に行く

と予想しています。

昨年はドル円105円を予想して見事に当たりました。

明確な根拠

FX初心者向けに、何故ドル円130円になるかと言うと、

直近の円安の最高値125円を超えて、さらに円安が進行していく

と予想しているからです。

ずっと進むというわけではなく、ある限界値があります。

その限界値とは

これまでの円安の経緯で

「125円の円安までいってそれ以上の円安は望まない」

という発言が日銀総裁からありました。

私はこの発言を覚えています。それなりに重要な発言だと思っていますが、日銀総裁の発言した値段を越えて円安になっていくと、大胆にも予想しました。

プロは過去の経験があるので、昔の要人発言は頭の中に入っています。その経験が強みの一つでもあります。情報の取捨選択や解釈の仕方に違いがあります。読みの着目点と深さが価値の一つと思ってください。

プロ泣かせの質問:いつドル円130円になるの?

残念ながら1年という長期的に見れば円安に行くことは予想できても、これが「夏場になるのか」、「春先に早まるのか」はわからないのです。

わからないときのプロの回答法として覚えておいて欲しいのが「相場のことは相場に聞け」です。

これはプロがよく使う格言であり、本質的な言葉です。

ドル円130円を予想してもやってはいけないこと

来年の前半は円安にいくので、またFXで大きく狙えるチャンスが登場したという事です。

しかしドル円130円を予想したからと言って、今から買いでポジションを持って130円まで保有する事はやってはいけません

FXでは度々、大きく狙える時期が到来します。株は数年に1回程度ですが、FXは「またかまたか」という感じで狙える時期がくるのです。これがFXの魅力です。なので焦らずトレードができます。

予想ビジネスで儲けることはできません。

FX初心者の方は、私がこのように130円を予想したから、「今から買いでエントリーします」なんてことは絶対にしないようにしてください。

FXで勝つこととドル円130円を予想することとは全く違います。かつてあった円安相場でも損をした人は何人もいます。

リーマンショックの時は円高に行くと考え、円高方向にエントリーして負けた人もいるのです。ですから安易に買いでエントリーしないようにしてください。

「相場のことは相場に聞け」

という格言を忘れずに…(執筆者:野口 健幸)