年金が引き下げられ、医療費が引き上げられ、節約しても日々の暮らしが厳しいと感じておられる方も多いのではないでしょうか?

特に自営業を営んでおられた方の国民年金では、貯金を切り崩さないと生計が立たないと言われる方も多いのです。

家や土地はあるけれど…と悩んでおられる方に知っておいていただきたい生活福祉資金の一つです

不動産担保型生活資金(リバースモゲージ)とは?

不動産担保型生活資金とは、

現在お住まいの居住用不動産(土地、建物)を所有し、将来にわたって住み続けることを希望する高齢者世帯もしくは要保護の高齢者世帯に対し、その不動産を担保として生活費の貸付を行う制度

です。

持ち家と土地があっても、現金収入が少ない高齢者が、その居住用不動産を担保に生活費を借り入れることにより、世帯の自立支援を図っていく制度です

高齢者の居住用不動産を担保に月額で貸付を受け、借り受けた高齢者の死亡時または融資期間終了時にその不動産を処分し返済することから、「リバースモーゲージ」形式とも言われています。(出典元:不動産担保型生活資金

対象となる世帯は?

・ 借入申込者が単独で所有、あるいは同居の配偶者との共有する不動産に居住していること。

・ 不動産に貸借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されていないこと。

・ 土地の評価額が一定の基準(1,500万円)以上。(貸付条件によっては、1,000万円以上でも可能)

・ 配偶者またはその親以外の同居人がいないこと、かつ、世帯の構成が原則として65歳以上であること。

・ 借入世帯が市町村税の非課税世帯または均等課税世帯程度の低所得世帯であること。

それではどれくらい借りられるのでしょうか? また、利息はどれくらい?

土地評価額の7割を標準しています。貸付月額は、1か月あたり30万円以内の額(臨時増額可能)を3か月ごとにまとめて貸付できます。

貸付利率は、年利3%又は毎年4月時点の長期プライムレート(銀行長期最優貸出金利)のいずれか低い利率を基準とされます

貸付期間はどれくらいか?

借受人の死亡時までの期間又は貸付元利金が貸付限度額に達するまでの期間です

現在、放置されている空き家が問題になっています。

親が所有した不動産を亡くなった後に相続し、処分するとしたら、名義変更をするのに20万円近くのお金が必要になるのをご存知ですか?

お金も時間もかかり、そのため放置される空き家が増えるのではないでしょうか。

両親が築いた家ですから、両親が元気にいる間に生活費として利用できるのであれば、よい選択ではないでしょうか?

詳細については、各市町村の社会福祉協議会にご確認ください。(執筆者:天海 文香)