「お墓が遠くにあってなかなかお参りにいけない」

「手入れをすることが難しい」

このようなことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今は昔とは違い、「親世代と同居して、一つの地域から出ずに、ずっとそこでお墓を守っていく」という考え方は少なくなってきました。

そのため、「先祖代々のお墓が遠くにあってなかなか行けない」と悩む人もおおくなってきたのではないでしょうか。

そんな人におすすめのサービスがあります。それが、「墓石の管理代行サービス」です。

大きく分けて2通り、墓石の管理代行サービス

墓石の管理代行サービスは、大きくわけて2つあります。墓石の管理をするものと、墓参りを代行するものです。

前者の場合、基本的には、お墓やその周りをきれいに掃除し、整えるものを言います。

外にあるお墓の場合は、落ち葉などで汚れやすく、まったく手を入れないとかなり荒れ果ててしまうことも。

しかしこのようなサービスを使えば、きれいに掃除をしてもらえます。金額は年間で1万円前後といったところでしょう。

お墓参りを代行してくれるサービスも

後者の方は、花を供えたり、お供え物をおいたり(現在は腐敗の原因となるということで、果物などは置かないように指導しているお寺もあります)、お線香をあげたり、といったものです。

家族が行けない代わりに、業者がお参りをしてくれるわけです。これも業者によって値段が異なりますが、1回1万円前後が相場でしょう。

中にはお参りの様子をネットで実況中継してくれるところもあります。

また、「墓石の掃除」と「墓参り」を両方とも一緒にやる、というケースもあります。

あくまで体感的なものではありますが、「両方とも一緒にやる」といったプランを提供しているところの方が多いように感じます

また、どちらかを中心にやっている業者でも、オプションとしてもう片方のサービスをつけられるようになっているところが大半です。

代行サービスをどのように考えるか

この「代行サービス」に関しては、強い拒否感を覚える人もいるかもしれません

大切な先祖を弔うことを人任せにするのは心苦しいのは、理解できる心境です。

ただ、誰もお参りに来ずにどんどんお墓が荒れてしまったり、また逆にお墓参りをするために飛行機で毎月1回帰ってきたりする、というのはなかなか大変でしょう。

弔いに大切なのは、その人を悼み、思い出し、思い出を慈しむことです

自分はなかなか足を運べない、しかし手入れはしたいということであれば、これらのサービスを頼むのもよいでしょう。それは決して親不孝や先祖不孝なことではありません。

ちなみに現在は、お寺が主導しているものもあります

菩提寺がこのようなサービスをやっているのであれば、それを使うのがよいでしょう。(執筆者:鍋谷 萌子)

実際の購入者の口コミなど詳細な情報から霊園を探せる「いいお墓」