2017/1/16    月

米国では銀行の決算が好調でバンクオブアメリカ、ウェルズファーゴなどの株価が上昇。企業物価指数が上昇し、イールドが上昇し国債は下落。

NASDAQは史上最高値を更新したがダウは19900を割り込む。

欧州では前日大きく値を下げたフィアットがリバウンドし、米国の銀行の好決算を受けて銀行株が堅調。

2017/1/17    火

米国市場は祝日でお休み。トランプ氏が輸入車に対して関税を35%にすると発言したことから、欧州のBMWなど主要メーカーは軒並み下落。

英国ではメイ首相のスピーチに注目が集まり、英ポンドはドルに対して下落。イタリアの格付けが引き下げられ、ドイツ国債は上昇したが、イタリア国債は下落。

2017/1/18    水

政治的な動きが市場に影響をおよそびた1日となった。英国のメイ首相は、EUからの離脱について明言したことによりポンドは上昇。

欧州市場では全体としては横ばいだったが、銀行株は上昇した銘柄と下落した銘柄が混在する市場となった。

米国では、トランプ氏が薬価を攻撃ターゲットにすることを明言し製薬関連が値下がり、金融株も大きく値を下げた。

2017/1/19    木

米国では、イエレン議長がFedは予想とおりの経済成長となったときには利上げすると発言し、10年国債のイールド上昇。

NAFTA関連でメキシコペソ、カナダドルが下落。決算は堅調であったがゴールドマンサックス、シティなどの金融株が軟化。

欧州では方向性のない市場となったがFTSEは昨日の下落からリバウンド。

2017/1/20    金

トランプ政権で財務長官に就任予定のマヌーチン氏が米ドルが高すぎると発言、米ドルが下落。不動産と公益株、さらに、銀行株も下落。

WTIは原油の在庫が減少したことから上昇。ユーロではインフレが上向かずECBは金利を据え置き。

img7-Jan2017

img6-Jan2017

以上です。(執筆者:杉山 明)