ジェットコースター相場の対処方法 ~新興相場で戦う秘訣~»マネーの達人

ジェットコースター相場の対処方法 ~新興相場で戦う秘訣~

東証マザーズやJQといった市場を新興市場と言います。値動きが派手でボラ(幅値)が高いため、個人投資家に人気があります。

今回はこの新興相場で個人投資家が「戦う」ための秘訣をご紹介したいと思います。


なぜ新興はボラが高いの?



≪参考:サイバーステップ日足チャート≫


新興市場の相場規模が小さいためです。

東証一部の大型銘柄のように多くの浮動株がありません。ですから少し人気化するだけで、ストップ高を連発しやすくなっています。

最近では東証マザーズのサイバーステップ(3810)がたった7営業日で374円から1335円まで株価をあげました。それは浮動株数が70万株程度しかないからです。


急騰には急落がつきもの

しかしチャートを見ていただければ一目瞭然ですが、急騰する銘柄は急落します。たった3営業日で1335円から867円まで落下しています。

信用買いで全力なら、3日で退場できるレベルの落下です。このように新興市場ではハイリスクハイリターンのジェットコースター相場になっています。

ジェットコースター相場で個人が勝つにはどうすればいいの?


筆者は基本的に新興相場専門の投資家です。

理由はハイリスクハイリターンを資金管理でフォローしたほうが、東証一部で投資するよりも簡単に稼ぐことができるからです。

東証一部で20%稼ぐには、1~3ヶ月必要ですが、新興市場なら1日でも可能です。

ですから、資金は東証一部に投資する額の1/10でも十分大きなリターンをあげることができるのです。発想を転換すれば、市場にはお金がいくらでも落ちているものです。


具体的には何をすればいいの?

資金管理です。いつも最低1/3は余力を残した状態にしておきましょう。

もう一つは「分散投資」です。

1銘柄全力の方を多く見かけますが、これでは投資ではなく博打です。当たるのか外すのかしか結果がありません。できるだけ多くの銘柄に分散投資しましょう。

新興市場では一発当たると先に挙げたサイバーステップのように簡単に短期で3倍になったりすることがあります。上がった銘柄から利確して、再投資に回していけばいいのです。


とっておきの「秘訣」をご紹介します~高確率でセカンダリーをゲットする秘訣



≪参考:アエリア(3758)日足チャート≫


こういうジェットコースター相場にも攻略方法があります。624円―1,980円相場(A)はまずスルーします。こういった銘柄は「セカンダリー」を狙うのが得策です。

Aでも出来高を見てください。どう見ても売り逃げした形跡がありません。陰線で出来高があがらない銘柄はセカンダリーが高確率で起こります。

このようにチャートからも一見ジェットコースターに見える相場でも、実は稼ぐことは可能です。資金管理と簡単なテクニカルで新興相場を攻略してみませんか。(執筆者:佐藤 れいな)

※2017年3月15日追記



130%台だった損益率が200%(3倍)を超えてきました。アエリアはいまだターゲット未達のため、もう少しホールド予定です。

株式投資で「含み益が怖い」という方を多く見かけますが、相場の流れに沿って、ターゲット値を設定していけば、含み益も全く怖くなくなります。

この記事を書いた人

佐藤 れいな 佐藤 れいな»筆者の記事一覧

本業は専業トレーダーで株式投資歴10年以上のベテラン投資家。テクニカル・ファンダメンタルを使い、独自の相場分析を行う。毎年コンスタントに大化け銘柄を発掘している。趣味は「チャート分析」と豪語するほどチャート分析を三度の飯より愛してやまないチャートオタク。好きな言葉は「チャートは芸術だ」。大相場には美しいチャートの裏付けがあってこそ。
<保有資格>:日商簿記2級取得済
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ