今年は春がなかなかやって来ず、4月ギリギリまで暖房を使っていた人も多いのではないでしょうか。

私も3月末にやっとコタツを片付けて、「これで電気代が減らせる」とホッとしました。

しかし2017年5月から、また大手電力会社の電気代が上がる見通しだそうです。

そうなると心配なのが、夏の電気代

エアコンを使うことで電気代が高くなるのは仕方ないとしても、できるだけ金額を押さえたいですよね。

今回は、今から準備できる夏の電気代の節約方法を、3つお教えします。

1. エアコンのフィルター掃除、するなら今!

夏、急に暑くなってエアコンをつけると、むわっとかび臭い。「フィルター掃除しとけばよかった…」と思いながらも、暑さに負けてそのままガマン。

フィルターに汚れが詰まったままエアコンを使うと、電気代がかかるばかりか、最悪アレルギーの原因にもなります。そうなる前に、今のうちにフィルター掃除をしておきましょう。

フィルター掃除の基本的な流れをご紹介します。

説明書を参考にフィルターを外す
 ↓
フィルターのオモテ側(外に面している方)から掃除機でホコリを吸う
 ↓
フィルターのウラ側からシャワーをかけて水洗いする
 ↓
日陰でしっかりと乾かす

 
初めてフィルター掃除するときは、外し方などを取扱説明書で確認してくださいね。

また、フィルターをしっかり乾かさないまま戻してしまうと、カビの原因になります。梅雨が始まる前に掃除しておくと安心ですよ。

掃除してもエアコンの効きが悪いようなら、一度プロのお掃除業者に頼むといいでしょう。

その場合も、梅雨明けからは混んで予約が取りにくくなるので、早めに手配するのがベターです。

2. すぐには元が取れないけど、DCモーター扇風機がおすすめ

これは節約という観点ではすぐに元が取れるものではありませんが、扇風機の買い替えや買い足しを考えているなら、ぜひDCモーターの扇風機を検討してみてください。

DCモーターの扇風機の特徴は、

・ 通常の扇風機より電気代が安い

・ 細かい風力設定ができ、柔らかい風が出せる

音が静かで、長時間使っていても気にならない

などです。実は私も、去年からDCモーターの扇風機に変えました。

夜は扇風機をかけっぱなしで寝ましたが、まったく音が気にならず、そよ風を浴びているような快適さでした。

日中はエアコンの温度を高めにし、扇風機と併用することで電気代の節約にもなります

ただし1台が数千円~1万円以上するので、お子さんがいて1シーズンで壊れてしまう可能性があるなら、今は安い扇風機を買ったほうがいいでしょう。

DCモーター扇風機ってこんな感じ

  

3. 冷蔵庫の放熱スペースを確保する

夏になると、どうも冷蔵庫の冷えが悪いなあ、と感じることはありませんか? 

冷蔵庫は機種にもよりますが、外気温が35度を超えると冷えにくくなります。しかしエアコンの効いた室内であれば、そんなに暑くなることはないはず。

もしかしたら、冷蔵庫内の熱がうまく放熱できずに、中にたまっているのかもしれません。

そうするといくら温度設定を変えても、冷えないまま電気代ばかりかかってしまいます

よくやってしまいがちなのは、次の2つです。

・ 冷蔵庫を壁に密着させたり、上に電子レンジなどを置いている

・ 冷蔵庫の横の面に、チラシやマグネットを貼っている

どちらも、冷蔵庫の表面をふさいでいるので放熱しづらくなります。

壁から何センチ離すべきかなどは、説明書を読むと詳しく書いていますので、一度チェックしてみてください。

早めの対策で、余分な電気代を払わずに夏を乗り切ろう

節約しても節約しても、年々上がる電気代。夏はどうしてもエアコンをつけてしまいますし、冷蔵庫の開け閉めの回数も多くなります。

魔法のように電気代をなくすことは不可能ですが、今回ご紹介した方法で、ムダづかいを減らすことはできます

何かをガマンするのではなく、少しの準備や工夫で、かしこく夏を乗り切りましょうね。(執筆者:ヒトミ ・ クバーナ)