かつて、「芸能人は歯が命」というCMがありましたが、歯が重要なのは一般人も変わりありません。

歯科治療は何かと高いイメージがありますが、今回は歯科治療をサポートしてくれる「マイ・デンタル」という保険を紹介します

≪画像元:アメリカンエキスプレス「マイ・デンタル」

歯科治療は意外とお金がかかる

歯科治療にも健康保険が適用され、健康保険を使えば歯科治療は3割程度で済みますが、健康保険の使えない自由診療は、意外とお金がかかります

まず、症状別の治療費相場を以下にまとめてみます。

「保険適用」と書かれていない治療については、全て公的健康保険が使えません

アメックスカード会員が加入できる「マイ・デンタル」なら自由診療も補償

アメックスのカード会員は、Chubb損害保険株式会社が引受保険会社となっている「大切な歯を守る保険『マイ・デンタル』」に加入できます。

歯科治療を対象にした保険は非常にレアで、おススメです

保険適用&交通事故での死亡・後遺障害を補償

(1) 公的健康保険分は年間15万円まで補償

公的健康保険の対象となる歯科治療についても、自己負担分年間15万円までは補償してくれます

(2) 詰め物や被せ物、ブリッジも補償

詰め物や被せ物、そしてブリッジ(抜歯を伴うもの)については、その治療費用の半分をそれぞれ限度額として、保険期間中の限度額まで補償してくれます

(3) 交通事故での死亡・後遺障害に対して最高100万円補償

以上のように、保険適用になる歯科治療はもちろんのこと、交通事故による死亡・後遺障害も手厚く補償してくれます

カード会員限定の補償も!

加えて、アメリカン・エキスプレスカード会員専用の補償として、以下の2つの補償が用意されています。

自由診療の治療費用の半額を補償

公的健康保険が適用されない自由診療については、治療費用の半額(それぞれ30万円が上限)まで補償

先進医療費用も補償

さらに、歯科治療における先進医療費用についても補償してくれます。先進医療はマイクロスコープを使った歯科治療や、再生医療などが該当します。

保険料も格安

アメックス会員が加入できる「マイ・デンタル」は無料付帯ではありませんが、その保険料は格安です。

ホームページ内で月払保険料を計算できるのですが、「40歳男性」で計算すると以下のように算出されました。

特に「充実プラン」は、先進医療も補償してくれる上、月の保険料も420円しか違わないため、コストパフォーマンスが非常に高いと言えますね。

「マイ・デンタル」の注意点

ただし、「マイ・デンタル」には以下のような注意点が4つありますので、気を付けてください。

現在の状態によっては加入できない

保険加入時に以下に該当する方は加入できません。

・ 総入れ歯の方
・ 詰め物・被せ物が取れている方
・ 歯科治療中の方
・ 歯痛などの自覚症状がある方
・ 公的健康保険に加入していない方
・ 歯科治療を中断し完治していない方

年齢制限あり

マイ・デンタルに加入できるのは満20歳~満54歳の方です。

90日間は補償対象外期間

加入して90日間は補償の対象外になります。

保険金が支払われない場合もある

以下の場合は、保険金が支払われません。

・ 保険開始前から発病していた歯科疾病など
・ 抜歯を伴わないブリッジ・インプラント・入れ歯
・ 完治した歯の修理・メンテナンス・作り直し
・ 保険開始前に外れた詰め物の作り直し、欠損した歯に関連した歯科治療
・ 審美歯科(歯列矯正・ホワイトニングなど)

(執筆者:角野 達仁)