特典航空券って何?

特典航空券という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

飛行機に乗ったら貯まる「マイル」で予約する航空券です。マイルとは飛行機のポイントのようなものですね。

このマイルは、飛行機に乗るだけでなく、クレジットカードのポイントを交換することで手に入れることもできます。

我が家はANAのJCBカードを利用


≪画像元:JCBのANAカード

コンビニでジュースを買うときもクレジットカードを使う、というように、使える場面ではすべてクレジットカードを使用するようにしています。

ANAの場合、季節や行き先により異なりますが、国内だと1区間(片道)5,000マイルから特典航空券を予約できます

ANAのJCBカードの場合、コースにもよりますが100円で1マイル貯まるので、50万円クレジット決済をすると5,000マイル貯まり、片道航空券が無料になります。

JCBのANAカード申し込みはこちら

夏休みに沖縄へ特典航空券で行く裏技とは?

特典航空券は電話でも、Webからでも予約できます。Webからの予約方法についてご説明しますね。

Webの予約画面トップページにログイン後、特典予約を選んでください。

夏休みに沖縄への往復特典航空券を予約する場合は競争が激しいので、往復で予約してください

この「往復で予約する」ことが、夏の特典航空券を希望通りにおさえるポイントです。


≪画像元:ANA国内線特典航空券の予約画面≫

特典航空券の予約は搭乗日4日前~2か月まで

8月7日に羽田空港を出発して那覇へ旅行に行く例で考えてみましょう。帰りは8月10日を予定しています。

予約照会をした日が6月4日だったので、

8月7日便の予約はできない

というメッセージが出力されました。

8月7日の羽田→那覇便。夏休みですし、特典航空券で予約できる席は限りがあるので競争率が高そうです。

可能であれば少しでも早く飛行機をおさえておきたいですよね。

裏技炸裂!

行き先を入れかえて、那覇→羽田の往復で予約

那覇に住んでいる方が東京へ旅行するイメージです。


≪画像元:ANA国内線特典航空券の予約画面≫

・ 8月4日 那覇 → 羽田便
・ 8月7日 羽田 → 那覇便

往路の8月4日の那覇→羽田便は、予約照会をしたのが6月4日で2か月前なので予約できます


≪画像元:ANA国内線特典航空券の予約画面≫

復路の予約は出来ている?

復路の8月7日の羽田→那覇便は2か月前まで予約できないかと思いきや、復路便に限っては予約できます

復路は往路の14日後までであれば、2か月前以前でも予約できるんです。

この裏技を使い、予約の取りにくい羽田→那覇便を希望の日にちで、復路として確定させるのです。

画像では満席とでていますが、8月7日の羽田→那覇便は、午後の時間帯であれば空いていました!


≪画像元:ANA国内線特典航空券の予約画面≫

最後の作業を忘れずに!!

この後、復路として予約している8月7日の2か月前の6月7日なったら、往路として予約している那覇→羽田便を希望の日である、8月10日に変更します

往路と復路が逆になりましたが、特典航空券であれば問題なく予約できます。

本来であれば6月10日からしか予約できない那覇→羽田便が、この裏技だと

6月7日から予約できる

ので、競争率も下がります

特典航空券の良いところ

特典航空券の利点として、無料なのはもちろんですが、同じ区間であれば便の変更は何度でも無料です。

変更や予約便の4日前までですが、小さい子供がいると急な体調不良などがあり、予約変更ができない旅割などでの予約はハードルが高いですよね。

もちろん、正規運賃で購入しすれば当日でも予約変更が可能ですが、それだと航空券代が高すぎます。

特典航空券は利便性もよく、懐にもやさしい、子育て世代向きの航空券ですね! ぜひ、活用してみてくださいね。(執筆者:村居 裕子)