外食の中でも好きな方が多いのは回転寿司ではないでしょうか。休日の昼食・夕食時ともなれば、店に長蛇の列ができることもままあり、回転寿司の人気の高さがうかがえます。

今回は、利用される方も多い人気の回転寿司チェーンでの株主優待を取り上げたいと思います。

株価他数値は、6/2終値時点でのYahoo!ファイナンスの株価より算出しております。なお、株式購入の際は、最低購入金額の他に証券会社の手数料が別途かかります。

無添くら寿司 くらコーポレーション(2695)


≪画像元:くら寿司HP

ご存じのとおり、全国に380店以上の店舗を展開する回転寿司チェーンで、海外にも進出しています。

ベルトコンベヤーを廻るお寿司の皿にカバーがされていたり、空になった皿をテーブル脇の投入口に入れた枚数によってゲームができたり、家族みんなが安心して楽しめる工夫がこらされています。

メニューもお寿司以外に天丼やうどん、カレーなどがあったりと、バラエティに富んでいますね。

くら寿司を運営しているのが、「くらコーポレーション(2695)」です。こちらの企業では株主優待を実施しており、100株以上保有の株主に対し、保有株数に応じて食事券が頂けます。

100株で約50万円という値かさ株、配当+優待金額を合わせた利回りが1%を割り、かつ株主優待がいただけるのが年1回ということで、優待目当てにはなかなか保有しづらいと個人的には感じます

しかし、ここ数年利益を伸ばしており、海外展開による成長を期待して保有する分には良いのかもしれません。

・ 株価 4,935円
・ 最低購入金額 49万3,500円(100株)
・ PER 21.52
・ PBR 3.14 
・ 権利確定月 4月末
・ 配当 20.00円/年
・ 配当利回り 0.41%

株主優待


株主優待券(1枚500円)

・ 100株以上 食事券 5枚(2,500円)

・ 200株以上 食事券 10枚(5,000円)

・ 500株以上 食事券 20枚(1万円)

はま寿司 ゼンショーホールディングス(7550)


≪画像元:はま寿司HP

全国に450店以上の店舗を展開する回転寿司チェーンです。なんと平日は一皿90円+税でお寿司を頂くことができる、お財布に優しいお店です(一部店舗除く)。

子供向けに来店毎にサービスを受けられる「はまっこカード」が最近終了してしまい、ユーザーとしては少し悲しかったのですが…。

はま寿司を運営するのは、牛丼チェーン店「すき家」などを運営する「ゼンショーホールディングス(7550)」傘下の企業であり、このゼンショーホールディングスでは株主優待を実施しております

保有株数に応じて食事券が頂けるのですが、「はま寿司」「すき家」のほか、

・ うどんや丼店の「なか卯」

・ ファミリーレストランの「ココス」

・ パスタ店の「ジョリーパスタ」

※ココスの優待は休止中です。

などグループ内の飲食店で幅広く使用できる共通食事券となっており、使い勝手が良いのではないでしょうか。

数年前、「すき家」のワンオペ労働などの問題で人件費や店舗展開の見直しを迫られ、株価が低迷した時期もありましたが、現在業績は持ち直し、株価も順調に上がっているようです。

・ 株価 2,043円
・ 最低購入金額 20万4,300円(100株)
・ PER 31.35
・ PBR 4.46 
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 18.00円/年
・ 配当利回り 0.88%

株主優待


株主優待券(年2回)

・ 100株以上 1,000円分の食事券(500円券×2枚)

・ 300株以上 3,000円分の食事券(500円券×6枚)

・ 500株以上 6,000円分の食事券(500円券×12枚)

・ 1,000株以上 1万2,000円分の食事券(500円券×24枚)

・ 5,000株以上 3万円分の食事券(500円券×60枚)

かっぱ寿司


≪画像元:かっぱ寿司HP

全国に340店以上出店する回転寿司チェーンです。最近ブランドリニューアルを図り、ロゴも一新されました。

かっぱ寿司を運営する「カッパ・クリエイト(7421)」では、株主優待を実施しており、100株以上保有の株主に優待ポイントが進呈されます。

また、こちらの店舗では

・ コロワイド(7616)
・ アトム(7412)

の株主優待で頂ける優待ポイントを使用することができ、逆にカッパ・クリエイトの優待ポイントをコロワイドやアトムが運営する飲食店で使用することができるという、相互利用が可能となっています(一部店舗除く)。

コロワイドやアトムが運営するのは、居酒屋の「甘太郎」「北海道」、イタリアンの「ラパウザ」、肉料理の「ステーキ宮」など多岐ジャンルにわたっています。

こちらの株主優待は優待ポイントがカードに収められており、1円単位で支払いに利用できます。

そのため、紙製の優待券とは異なり、額面金額を気にすることなく使えるので、

「優待券の額面いっぱい使えるよう、品物の金額を計算しつつ頼む(汗)」

手間がなく便利ですね。

また必ずしも店舗を運営する企業の株を持たなくても、グループ企業の株の株主優待を利用できるため、各社への投資金額や優待利回りを比較しながら、

どの会社の株を保有するのがお得か?

を検討できるのでありがたいですね。

カッパ・クリエイト(7421)


・ 株価 1,283円
・ 最低購入金額 12万8,300円(100株)
・ PER 45.18
・ PBR 5.69 
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 0.00円/年
・ 配当利回り 0%

株主優待

優待ポイント(1ポイント=1円) 年2回

・ 100株以上 3,000ポイント

・ 1,000株以上 6,000ポイント

・ 2,000株以上 1万2,000ポイント

コロワイド(7616)

・ 株価 1,893円
・ 最低購入金額 18万9,300円(100株)
・ PER 47.78
・ PBR 5.03 
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 5.00円/年
・ 配当利回り 0.26%

株主優待

優待ポイント(1ポイント=1円) 

・ 500株以上 1万ポイントを年4回付与

※株主優待は500株以上です

アトム(7412)

・ 株価 735円
・ 最低購入金額 7万3,500円(100株)
・ PER 242.57
・ PBR 11.48 
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 2.00円/年
・ 配当利回り 0.27%

株主優待

優待ポイント(1ポイント=1円) 年2回

・ 100株以上 2,000ポイント

・ 500株以上 1万ポイント

・ 1,000株以上 2万ポイント

あきんどスシロー スシローグローバルホールディングス(3563)


≪画像元:あきんどスシローHP

皆様ご存じ、全国に展開する一大回転すしチェーンです。変わり種の味のお寿司がいろいろ揃っていて、飽きない工夫がされている印象です。

スシローを運営するスシローグローバルホールディングス(3563)は、2017年3月に再上場を果たし、2017年9月末時点での株主より、株主優待の実施も決定しているようです。

企業HPによると、半期に一度優待割引券がいただけるそうですが、

・ 会計金額1,000円毎に500円の割引券として使用できるという「割引券」である

・ 一部の優待券のみ平日使用限定のものとなっている

という点については注意が必要ですね。

・ 株価 3,315円
・ 最低購入金額 33万1,500円(100株)
・ PER 15.46
・ PBR 3.26 
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 未定
・ 配当利回り 未定

株主優待

100株以上 優待割引券 1500円×年2回

なお、年間1,000円分(半期500円分)は、土曜、日曜、祝日を除く平日使用限定

以上、回転寿司チェーンで行っている株主優待をご紹介しました。

株価その他の情報は変更される場合があります。ご自身でご確認の上、自己責任で投資いただきますようお願いいたします。(執筆者:吉井 裕子)

 関連記事:イオン株主優待「オーナーズカード」の返金率を10%オーバーにする方法

 関連記事:【好評につき第2弾】根強い人気の「回転寿司チェーン店」の株主優待3社