現物の代車をタダで貸してくれる

各保険会社の自動車保険には、代車特約という特約が付いております。

代車に関する自動車保険の特約については、大きく分けて2種類あります。

(1) 現物の代車を貸してくれるもの
(2) レンタカーなどを借りた時に係る費用を支払ってくれるもの

ここでは現物の代車を無料で貸してくれる特約についてみてみましょう。

調子悪い、汚い代車


自動車事故や故障で自動車が動かなくなってレッカーで運ばれた場合、その車を修理している間は整備工場などで代車を借りることがあります。

しかしその代車の乗り心地はどうでしょうか?

エンジンの調子もよくないような、あまり整備の行き届いていない代車や、タバコ臭く、きれいに使っていないような汚い代車ってご経験はありませんでしょうか?

いくら無料でもあまりそんな代車は乗りたくないですよね。

代車特約を利用して快適なドライブ


そんな時には自動車保険の代車特約を利用しましょう。無料で30日間貸してくれます。しかも新品同様の整備の行き届いた車です。快適に運転できますね。

ただしこの特約を利用する際には条件があります。

事故や故障のときに車が動かなくなって(自走不能と言います)、レッカーサービスを利用することが条件です

多くの保険会社では事前に保険会社のフリーダイヤルなどに連絡するのが条件となっております。

身近であった実体験をお話ししましょう


自分が走行中にうっかりしてよそ見をしてしまい、前方信号待ちで停止している相手車にぶつけてしまった場合です。

相手の自動車の修理代とか代車代は当然100%こちらに過失がありますので自分の自動車保険の対物保険で対応します。

しかしその事故で自分の自動車が動かなくなり、しかも代車特約や車両保険にも未加入の場合はどうでしょう?

自分の自動車が全損になれば、新しい自動車を購入するまでの間の生活の足がありません。困ったことに。レンタカーなど借りても1日数千円はしますよね。

1日や2日という短時間で適当な車を探すのも容易ではありません。探すのならじっくりと予算と自分あった自動車を探したいものです。

幸いにも代車特約に加入していたため、代車を借りることができました。

その代車は1,000キロほどしか走っていない新車同様のコンパクトカーでした。車内装備はETC、ナビゲーションシステムは当然ありました。

かかった費用は30日間で10万円ほどでしたが、この保険特約で対応したため、実際の出費はありませんでした。

加入している自動車保険に代車特約があれば無料で30日間使えます。しかも整備の行き届いた新車同様な車を貸してくれます。30日間あれば自分に合った、しかも予算内での自動車は探せるのではないでしょうか。

ただし代車のガソリンは、自分持ちですのでご注意ください。(執筆者:和田 修三)