国民1人が1か月当たり消費するお米の量4,812g

うち家庭で消費するのが3,443g、外食などで消費するのが1,369gなのだそうです。


パンや麺類などのお米以外の消費が増えているものの、やはり基本の主食はごはんなのではないでしょうか。

お米を優待品にしている企業は多い

株主としても必ず消費するものを頂けるとなれば、家計にも嬉しいですよね。

そこで今回は

株主優待でいただくお米だけで家庭の消費を賄えるのか

を検証したいと思います。

先ほどの家庭でのお米消費量 3,443g/月×12か月=41,316g すなわち、1年で消費する量を41.4㎏/人として計算していきます。

下記の株価他データは、7/14(金)終値時点でのYahoo!ファイナンスより引用しております。購入時には最低購入金額のほかに証券会社の手数料がかかります。

1. イオングループ マックスバリュ東海(8198)

イオン傘下の食品スーパーです。静岡県を中心に、神奈川、山梨、愛知県に店舗を展開しています。

こちらの株主優待は、年1回、数種類の商品もしくは割引券の中から1種類選択していただけます。

イオンユーザーにとっては、全国のイオンでも使用できる割引券も魅力的ですが、選択できる商品のほうも、肉製品やお酒など美味しいものがそろってますので、迷うところです。

商品の選択肢の一つに地元産のお米があり、100株保有の場合は4種類が2㎏ずつ楽しめる「お米食べくらべセット」となっていますので、味の違いを楽しめますね。

・ 株価 2,052円
・ 最低購入金額 20万5,200円(100株)
・ PER 11.18
・ PBR 0.80  
・ 権利確定月 2月末
・ 配当 43.00円/年
・ 配当利回り 2.10%

株主優待


≪画像元:マックスバリュ東海 株主優待制度≫

・ 100株以上 5,000円分

・ 500株以上 1万円分

・ 1,000株以上 2万円分

下記A~Eの中からいずれか1つを選択

A. 株主優待券(100円券)

B. 米久 こだわりの味セット

C. 静岡県産 銘茶セット

D. 花の舞 清酒セット

E. お米食べくらべセット

こちらの株主優待でいただけるお米は2㎏×4種類 = 8㎏となります。

2. 地元産のお米がいただける! ゲンキー(2772)

福井地盤のドラッグストアです。福井県のほか、岐阜、愛知、石川県で店舗を展開しています。

それぞれの地域に地場のドラッグストアがありますが、医薬品のみならず食品や日用品も扱い、しかも値段もお安い、というお店もたくさんありますよね。

ゲンキーもそのようなドラッグストアの一つで、日々の節約にはかかせないお店ではないでしょうか。

こちらの株主優待は年2回優待品が頂けますが、優待品選択のラインナップひとつに、お米があり、企業の地元である福井県産こしひかりを頂けます

・ 株価 3,200円
・ 最低購入金額 32万円(100株)
・ PER 15.95
・ PBR 3.18  
・ 権利確定月 6月20日・12月20日
・ 配当 22.50円/年
・ 配当利回り 0.70%

株主優待


≪画像元:ゲンキーHP(pdf)≫

100株以上 下記A~Dの中からいずれか1つを選択

A. 健康サプリメント アレル・リボーテ(EPA&DHA) 約30日分2個セット(6,000円相当)

B. 自社オリジナルCOLORADO化粧品2点セット(6,000円相当)

C. カタログギフト(3,000円相当)

D. 福井県産コシヒカリ 5㎏(3,000円相当)
       
上記に加え、2年以上継続保有の場合、買い物割引券2千円(1枚100円割引券)分追加(自社全店で買い物1,000円ごとに1枚使用可)

こちらの株主優待で頂けるお米は、5㎏×2回/年=10㎏となります。       

3. 年12㎏もゲットできる! チムニー(3178)

チムニーは、

「はなの舞」
「さかなや道場」
「魚鮮水産」

などのブランドを展開する居酒屋チェーンです。地産地消・地産全消を掲げるとともに、1次産業(生産)・2次産業(加工)・3次産業(販売)を自社展開する6次産業化を進めているそうです。

こちらの株主優待では、店舗で使用できる食事券、もしくはお米や肉・魚・酒などの商品を選ぶことができます。

これまで、権利確定日が6・12月末でしたが、今年から3・9月末に変更になった関係で、2017年3月期のみ優待品のグレードがいつもの半分となっておりますが、4半期分という位置づけなのでしょうね。

・ 株価 2,811円
・ 最低購入金額 28万1,100円(100株)
・ PER 31.41
・ PBR 3.46  
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 23.00円/年
・ 配当利回り 0.82%

株主優待

2017年3月期

・ 100株以上 お食事ご優待券 500円券を5枚(お一人様1回のお食事につき、1枚利用可能)

・ 500株以上 お食事券 500円券を15枚(利用制限なし)
       
2017年9月期以降

・ 100株以上 お食事ご優待券 500円券を10枚(お一人様1回のお食事につき、1枚利用可能)

・ 500株以上 お食事券 500円券を30枚(利用制限なし)

または下記の自社オリジナル商品セットの中から金額に応じて選択が可能(2017年3月期)


≪画像元:チムニー株式会社 チムニーオリジナル醤油&ポン酢セット

・ 株主優待券(お食事ご優待券もしくはお食事券)2,500円分 

1. 米(宮城県産ひとめぼれ3㎏)

2. 鮮魚酒粕漬けセット

3. チムニーオリジナル醤油&ポン酢セット

4. 焼き菓子セット

5. 金賞ニュージーランド産白ワイン

・株主優待券(お食事ご優待券もしくはお食事券)7,500円分 

6. 熊本県産和牛しゃぶしゃぶ用500g

7. 金賞ボルドーワイン&シャンパーニュセット     

今回は4半期分の優待となっていますが、お米ですと通常は半期で6㎏の商品がいただけるので、6㎏×2回/年=12㎏をいただく計算とします。

4. 分割で購入しやすくなった! フジオフード(2752)


大阪地盤に

大衆セルフ食堂「まいどおおきに食堂」
串揚げ食べ放題店「串家物語」
うどん店「つるまる」

などの様々な飲食店を展開している企業です。女性に人気が高い「ホノルルコーヒー」や「はらドーナツ」などのブランドも傘下です。

こちらの株主優待では、店舗で使用できる食事券もしくは、お米やカレーなどの商品からいずれか1つを頂くことができます。

2017年6月に1株→2株の株式分割を行いましたが、株主優待内容は従前どおりなので実質拡充となっており、これから購入を考える方には嬉しい変更となっております。

・ 株価 1,699円
・ 最低購入金額 16万9,900円(100株)
・ PER 23.46
・ PBR 4.63  
・ 権利確定月 6月末・12月末
・ 配当 17.50円/年
・ 配当利回り 1.03%

株主優待

自社PB商品(コシヒカリなど)もしくは株主優待食事券から選択

・ 100株以上  3,000円分

・ 300株以上  6,000円分

・ 1,000株以上 1万2,000円分

選べる商品のラインナップにあるお米ですが、100株保有で1.4㎏/袋のものが3袋となっており、かつ、年に2回いただけるため、年間では1.4㎏/袋×3袋×2回=8.4㎏となります。
       

5. 関東の食品スーパー! エコス(7520)


≪画像元:エコスグループHP≫

東京・多摩地区に拠点を置き、「エコス」、「たいらや」など、東京・埼玉・栃木・茨城など1都6県に店舗を展開する食品スーパーです。

こちらの株主優待では、買い物時に利用できる優待券をいただくことができますが、この優待券を使用せずに返送するとお米に交換することができます

・ 株価 1,150円
・ 最低購入金額 11万5,000円(100株)
・ PER 7.33
・ PBR 1.11  
・ 権利確定月 2月末・8月末
・ 配当 25.00円/年
・ 配当利回り 2.17%

株主優待

優待券(100円券)1,000円以上の買物につき、1,000円ごとに1枚使用可

・ 100株以上 30枚 または 自社取扱い米(コシヒカリ)2kg

・ 1,000株以上 100枚 または 自社取扱い米(コシヒカリ)4kg

・ 1万株以上 200枚 または 自社取扱い米(コシヒカリ)8kg

100株保有の場合、返送するといただけるお米が2㎏ですので、年間では2㎏×2回=4㎏いただけます。

1~5 を足します

8㎏ + 10㎏ + 12㎏ + 8.4㎏ + 4㎏ = 42.4㎏

となり、1人が家庭内にて消費する、1年間分のお米を株主優待でいただくことができます

上記すべての最低購入価格を合算すると以下の通りです。

イオングループ マックスバリュ東海(8198)
20万5,200円(100株)

ゲンキー(2772)
32万円(100株)

チムニー(3178)
28万1,100円(100株)

フジオフード(2752)
16万9,900円(100株)

エコス(7520)
11万5,000円(100株)

合計109万1,200円

つまり、約110万円で上記銘柄を購入すれば1年間無料でお米が食べられるようになります

もちろん、家族の人数が増えればこれ以上のお米が必要になってきますので、その場合は、ふるさと納税などと組み合わせるなどして、よりお得に生活必需品を手に入れることができればいいですよね。

株価その他の情報は変更される場合があります。ご自身でご確認の上、自己責任で投資頂くようお願いいたします。(執筆者:吉井 裕子)