上値抵抗線 を軸とした 揉み合い が継続しており、相当な煮詰り感 をイメージさせられています。

現状は、25日線 をサポートしているものの 上・下 を推移しており、上値を切り下げ、下値を切り上げる形で、やはり方向感がない値動きが継続しています。

この状況からは、上・下 を決める状況はなく、どちらに離れるかを見極めて 順張り していくことが望ましい形 を形成しています。

しかし、私個人の認識としては、4月の安値から(周期)3か月が経過し、反発後1万9500円を上抜けてから 揉み合い に入り、跨ぎ3か月となっていることから、そろそろトレンドが見えてくると想定します。

チャートの形(かたち)的に、2015年の同時期 をイメージする状況と考えており、同じ流れであれば、そろそろ 下離れ になるのではと考えております。

ただし、現状で見えている ファンダメンタル では、上・下 の材料で濃いものが無く、目先の動きを想定しづらい状況下に居ります。

その中で、これから出てくる 第一四半期の決算発表 の内容次第では、市場が右往左往することが想定されます

となると、ここから 大きく上値追い は、考えづらいです。

現状、好決算 を市場は織り込んでおり、ここからさらなる上値追いの材料が出てくる可能性は、無いとは言わないものの 薄い と考えております。

結果、「材料出尽くし」か「想定より良くはない」という内容が出てくる可能性が高いと考えております。

以上から、暫定的な結論として、「ここから大きく上値追いの可能性は薄い」と考え、下離れへの警戒感 を強めたいと思います。

米国の動き では、週明け は、押してくることが濃厚 で、25日線・5日線 を 跨いで寄り付き そうです。

そして、そのまま 陰線 となれば 下離れ の可能性がかなり高くなり、方向が判りやすくなります。

ここ最近は、週明けに判りやすい動きをすることがほぼ無いことから、今回も、下に窓空けで その後陽線 というような、先行きの想定を立てづらい状況 になるのかな、とも考えますが、結果を見て、判断したいと思います。

現状分析

5日線

方向を示すような動きとはなっておらず、週明けにまた下に落ちることから、ますます方向感を見いだしづらい状況になりそうな予感 です。

ただ、上記にも書いていますが、保合いが煮詰っている ことから、そろそろどちらかに離れる可能性はある ので、注意深く見極めたいと思います。

25日線

25日線と5日線の位置 が頻繁に入れ替わっておりますが、大きく離れていくことはなく、明確なトレンドを示す デットクロス や ゴールデンクロス というような シグナルにはなっていない と見受けられます。

75日線 は、変わらず上向きで、上を維持しています。

トレンドライン

5月18日、30日 を結んだライン は下離れとなり、三角保合い下離れ をイメージさせましたが、今のところ、下への加速とはなりませんでした。

新たに 5月18日と7月7日を結んだライン が、サポートライン として機能したように見受けられ、今後、このラインのブレイクで下離れ の 見極めライン の1本目 と考えます。

さらに下には、6月15日と7月7日を結んだライン が存在し、この 2本のライン をサポートとして、6月20日、29日を結んだ上値抵抗線とで出来る 三角保合い の存在を意識していきます。

横軸 としては、7月18日、7月7日、6月15日 の3段階が存在して、6月15日の概(おおむ)ね1万9000円処が 下離れの最終ライン と考え、BOXという認識の下限 とも考えます。

ひとつ気になるラインとして、4月17日と7月7日を結んだライン は、一回ブレイクして戻って、週末が 先端 にいるような格好となっています。

テクニカル指標

一目均衡表

基準線 転換線 を、週末の段階では、サポートラインとして機能させていることで、かろうじて 強い というイメージは残しています。

遅行線 は、今のところ 日々線 の上を推移していますが、3営業日後(6・20)に日々線 が急上昇 していることで、遅行線 が 日々線 を下回る可能性が想定されますので、そのあたりでトレンドが変わってくるかもという考えが、頭をよぎります。

ボリンジャーバンド

5本のラインが収斂し、煮詰り感を出し、さらに、位置としても +1σ と -1σ の間を推移する狭いレンジの動きとなり、この後の大きな動きの前触れの状況 を示しているように見受けられます。

スローストキャスト

2本のラインが下がり切らず ゴールデンクロス となったことで「強いのかな?」と疑問符は付くものの 強さ をイメージさせる動きとなりました。

ただ、その前の デットクロス の位置も(微妙ではありますが)切り下げて来ているので、三角保合い をイメージさせる位置取りになっていると考えます。

総合判断


方向感が明確にはなく、保合い の中、どんどんレンジを狭めてきており、そろそろ方向感を示す時期になるのかな、という状況と考えます。

私的には、下への可能性を多少高く見ていますが、基本的には、ここから 上・下 ブレイクした方向に順張りしていく ことが セオリー となります。

ヤマ を張りすぎず、見極めていき、損を膨らませない取引 に専念しましょう。

地政学的リスク の高まりを促すようなニュースも流れています。油断せずに、脇を絞めて、俊敏に動ける準備は怠らずに、見極めてまいりましょう。(執筆者:城 晶子)