世界最大のファストフードチェーン、マクドナルド。

≪画像元:マクドナルド≫

これまでは一部店舗を除いて現金払いが主流でしたが、本格的にカード決済に乗り出すようです

そこで今回は、マクドナルドで得するクレカは何か、徹底的に見ていこうと思います。

決済サービスに関する2つのプレスリリース

2017年、決済サービスに関して、マクドナルドは公式サイト上で2つのプレスリリースを発表しています。

2017年下半期より、電子マネーやクレカでの決済を本格開始

まずは、2017年3月21日のプレスリリースで、従来は「iD」、「WAON」、「楽天Edy」の位だった決済サービスに加え、以下の決済サービスが加わる予定です。

2017年8月1日より、「nanaco」、「交通系電子マネー」の取扱開始

そして、2017年7月25日のプレスリリースでは、上記のうち「nanaco」、「交通系電子マネー」の取り扱いを、2017年8月1日に開始すると発表されました。

このリリースでは、「クレジットカードやNFCなどによる決済サービスも順次導入予定」とも書かれています。

マクドナルドでお得なクレカは?

では、2017年8月1日現在で最もお得なクレカは何なのか、見てみましょう。

この時点で利用可能な電子マネーは、

「iD」
「WAON」
「楽天Edy」
「nanaco」
「交通系電子マネー」

です。

1枚ですべてが事足りる「楽天カード」

≪画像元:楽天カード

まずはおなじみ「楽天カード」です。

楽天カードには電子マネー「楽天Edy」が搭載されており、楽天カードから楽天Edyにチャージをすると、200円チャージごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります

また、楽天カードには楽天ポイントカード機能もついており、カードを提示するだけでも税込100円の買物で楽天ポイントが1ポイント貯まります。

つまり、1,000円チャージされた楽天Edy搭載の楽天カードで、マクドナルドで1,000円分利用すると、

チャージ分5ポイント + ポイントカード分10ポイント = 15ポイント

が貯まるのです。

≪画像元:マクドナルド≫

ちなみに、2017年8月末まで、ポイントカード分のポイントが3倍になるキャンペーンを実施中ですので、お早めに!

電子マネーと2枚のポイントカードでポイントがザクザク貯まる「リクルートカード」

≪画像元:リクルートカード

次は、「リクルートカード」です。

リクルートカードには電子マネーが搭載されていないため、別途電子マネーを用意する必要があります。

しかし、電子マネーへのチャージでは最高クラスの還元率を誇ります。

2017年8月1日現在でマクドナルドが対応している電子マネーのうち、リクルートカードでも対応しているのは「モバイルSuica」、「nanaco」、「楽天Edy」、「SMART ICOCA」です。

しかも、どの電子マネーにチャージしてもリクルートポイントの還元率は1.2%です

ポイントカード2枚を活用してポイントを集約

ここに合わせるポイントカードが、「dポイントカード」、「Pontaカード」です。

dポイントカードの提示で、税込100円で1ポイントが貯まります

≪画像元:Ponta Web

実はリクルートポイントはPontaポイントに、dポイントもPontaポイントに等価交換できるので、ポイントを集約できます。

つまり、1,000円マクドナルドで利用したとすると、

チャージ分12ポイント + ポイントカード分10ポイント = 22ポイント

となり、楽天カードをしのぐポイント数です。

3%割引が魅力的な「dカード」

≪画像元:dカード

そして最後に、「dカード」です。dカードには電子マネー「iD」が搭載されています。

100円のiD利用でdポイントが1ポイント貯まります

また、dポイントカード機能もありますので、100円利用でdポイントが1ポイント貯まります

リクルートカードのように複数のカードを持ち歩く必要がありません。

≪画像元:dCARD

さらに、マクドナルドでdカードを使うと、5%オフのチャンスです

≪画像元:dCARD

カード提示で1%分のポイント、iD支払いで1%分のポイントに加え、iD支払いで3%オフ(請求時に割引)になるのです。

つまり、1,000円マクドナルドで利用したとすると、

iD分10ポイント + ポイントカード分10ポイント + 30円オフ

となります。

≪画像元:マクドナルド≫

dポイントでも、8月いっぱいはポイント3倍のキャンペーンも実施中です。

まとめ

面倒なことをせずにポイントを貯めたい → 楽天カード

多少面倒でもポイントをより多く貯めたい → リクルートカード
ポイント以外のお得も実感したい → dカード

以上です。(執筆者:角野 達仁)

24時間パソコン・スマホでカンタン申し込み「楽天カード」

リクルートカード申し込みはこちら