生活費の中で一番費用を抑えやすいもの、それは「食費」ですよね。

ちょっとした工夫で、今の食費から月1万円も節約することができますよ。

節約の基本は、レシピを決めて買い物をしないこと!

「1週間分の献立を決めてリストアップしてからスーパーへ買い物に行く」

という人がいますよね。

もちろん、必ず使う食材を購入すればムダ買いが無いように思えます。いちいち献立を決める手間も省けますしね。

ですが、節約をするうえでそれはNGなのです!

なぜなら、食材には旬があり、時期によって値段が変動するからです。

あらかじめ買うものを決めてしまうと、時期的に価格が高騰している食材でも買わざるを得なくなってしまうため、食費がかさんでしまいます

その時期に安く売られている食材を購入することが、食費を節約するために最も必要なことです。

そのうえ、旬で価格が安い食材はとても新鮮ですし栄養も満点なので、まさに一石二鳥と言えます。

スーパーへ入店したら、まず「見切り品売り場」をチェック!

あらかじめレシピを決めなければ、購入するものに決まりはありません。

なので、まずスーパーに入ったら真っ先に「見切り品売り場」へ向かいましょう!

見切り品売り場には、賞味期限の近食材や商品入れ替えになった商品が、見切り品として安く陳列されています

通常価格の半額や、それ以下の値段で購入できる場合もあるので、正直、特売品よりもお得感が強いです。

見切り品と言っても、購入したその日や期限内に使い切ればなにも問題はありません。

底値以上に安い価格で食材をゲットできるので、節約効果は大ですよ!

献立が思い浮かばない…そんな時はレシピサイトを活用しましょう

「安い食材を買ってきたのはいいものの、何を作れば良いのか全く思い浮かばない…」

という人もいるのではないでしょうか?

今までレシピを決めてから買い物へ行っていた人は、食材を見てパッと献立を考えるのが大変かもしれませんよね。

ですが、心配ご無用です。そんな時は、レシピサイトに頼りましょう!

食材名からレシピを簡単検索する

多くのレシピサイトでは、食材名からレシピを簡単検索することが可能です。

例えば、「今日は、冷蔵庫にほうれん草と鶏肉が残っているなぁ」という時は、

・ ほうれん草

・ 鶏肉

で検索すると、メインから汁物、副菜までたくさんのレシピを閲覧することができます

メリット

・ 冷蔵庫にある食材から献立を決めることで、食材を余すことなく使い切れるためムダがありません

・ レシピサイトを活用すると、自分で献立を決める手間も省けるので、自然に時短ができてしまいますよ。

・ レシピを決めずに安い食材で積極的に使うということは、単純に食費の削減ができるだけでなく、「旬の味」を味わえます

その時期しか味わえない季節料理を食べながら、あなたも楽しく食費を節約してみませんか?(執筆者:三木 千奈)