11/18のお得決済

ウエルシア:au PAY→10%割引クーポン(500円以上の買物) / 今日はてんや上天丼690円→500円 / 4コマ(5回目)

先週の市況をダイジェストで振り返る(9月第4週)

2017/9/19 火

米国では、SP500,DOW,NASDAQの3指数がともに史上最高値を更新しSP500は2500を超えた。

テクノロジー株のリバウンド、イールド上昇に伴い銀行株が値を上げたことが主な要因。

欧州市場では、イングランド銀行の利上げ予測からポンドが上昇し、英国株式は軟化。ユーロ圏も銀行株に引きずられて市場は軟化。

2017/9/20 水

米国では、Fedが9月ではなく12月に利上げに踏み切るのかに焦点が集まり、市場ではFedの会合に先走って金融株が上昇。

主要3株式指数はいずれも上昇で、DOWは6日連続史上最高値を更新。

通信関連では、T-MobileとSprintの合併話が判明し、いずれも6%前後の大幅な値上がり。欧州市場でも通信株を中心に値上がり。

2017/9/21 木

米国ではFedが10月からバランスシートの縮小に動き、2017年中の利上げを予定とおりに行うとの見方を示し、米ドルと銀行株が上昇。債券は下落。

一方で、アップルが値を下げ、消費財セクターも軟化して、SP500はなんとか史上最高値を更新。欧州市場はFedのコメント前で市場は様子見で横ばい。

2017/9/22 金

S&Pが中国の格付けをAA-からA+に1ノッチ引き下げたが市場には影響なし。

米国市場は銅や鉄鉱石の値下がりや、アップルを中心としてテクノロジー株が下げたことから市場全体も軟化。

日銀が緩和策を据え置いたことから日本円は2か月来の安値を付け、米ドル、米国債はまちまち。

欧州では、Fedの利上げ示唆の影響から銀行株が値を上げたほか、コメルツ銀とUnitCredit、シーメンスとアルストムとの鉄道部門の合併などの話題で市場は上昇。


(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明()»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう