フェイスマスクの使い方と効果アップ法

顔のエステの最も簡単でお金がかからない方法はフェイスマスクなのではないでしょうか。

フェイスマスクとはフェイスシートに美容液がふんだんに含まれたものをいい、ブランド物の高い物から100円ショップに売っているものまでピンからキリまで揃っています。

みなさんの家にも、お土産でもらった物や以前に購入したけれど使っていないフェイスマスクが棚の奥にしまい込まれてはいませんか

フェイスマスクは顔のダメージから救う即戦力になりますし、すぐに保湿させることができる優れ物です。

今回は、フェイスマスクについて書いていきたいと思います。

間違っている人も多い フェイスマスクの使い方

まずは、フェイスマスクの使い方をご紹介していきましょう。間違って使っている方も多いので、一度確認してみてください。

洗顔後、化粧水をまずつけます。その後にフェイスマスクをつけます。

つける時間は10~15分ほどです。フェイスマスクをはずしたら、乳液かクリームをつけて完了です。

フェイスマスクは美容液の位置づけですので、前後に化粧水と乳液は必須となります。

そして、つけている時間ですが、たくさん潤わせたいと思って長い時間フェイスマスクをつけておいてはいけません

長くつけると逆に肌を乾燥させてしまうので、フェイスマスクの意味がなくなってしまいます。ここは注意ポイントとなります。

より潤わせたい場合は、洗顔後の化粧水をつける前にホットタオルを顔に1分ほどのせておくと、毛穴を開かせることができるのでより効果がアップします。

また、フェイスマスクをつけた後、さらにその上からサランラップで覆うと(口と鼻の部分は穴をあけておきましょう)効果がアップします。

この2つをダブルで行えば、ダブルで効果がアップするでしょう。

そしてフェイスマスクを使う頻度ですが、スペシャルケアとして使うことをお勧めしますので、多くても週1.2回にしておきましょう。

使いすぎてしまうと、肌に栄養を与えすぎになります。

どうしても毎日使用したい人は、保湿のみのタイプのフェイスマスクを使用するようにしましょう

保湿だけでしたら、毎日使っても特に問題はありません。

捨てる前に是非再利用を

フェイスマスクを使用後、まだまだマスクに美容液が残っています。

顔に使い終わったからといってそのまま捨ててしまうのは非常に勿体無いです。捨てる前に是非再利用をしましょう。

再利用の仕方は、体全体に残りを使って潤わせます

手や足など乾燥しやすい部分を中心的に、またデコルテ部分も普段は無防備に日焼けをしている部分なのにも関わらずケアを怠りやすい場所なので潤わせましょう。

それすら面倒くさい方は、ジップロックなどに入れておいて次の日のお風呂の中に入れてしまえば、入浴剤の代わりになりお風呂に入るだけで全身が潤ってくれますよ。

お勧めプチプラフェイスパックとフェイスパックのお供

それではお勧めのフェイスマスクをご紹介していきたいと思います。

まずは、「クリアターン エッセンスマスク」です。

≪画像元:クリアターン

これは30枚入りで大容量タイプです。そして、値段が1,000円以下というプチプラです。1枚あたり、30円ちょっとです。手が出しやすいですね。

明るい肌ケア・うる肌ケア・美白ケア・ハリ肌ケア・活力肌ケア・美白&エイジングケアの6種類もあるので、力を入れたいケアを選んで使用できます

コストパフォーマンスでいうと次は、「コーセークリアターン ベイビッシュ ホワイトマスク 50回分」です。

≪画像元:クリアターン

こちらは1枚あたり20円ちょっとなのでさらに安い商品です。

しかし、20代向けの商品になります。もちろん30.40代やそれ以上の方にも使えますが、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

でも、弱酸性ですし、アルコールフリー・無香料など肌の事を考えて作られているので、肌が弱い方も使うことができます。

100円ショップでもフェイスマスクは売っています。

次は、「ダイソー 美容液マスク」です。

≪画像元:美容液マスクJoceeダイソー

1枚で108円ですが、とても優秀です。抹茶・黒真珠・はと麦・桜・馬油・椿の6種類あって見た目もとても可愛らしくなっています。

1回使うだけで肌が変わるのがわかるくらいもっちりした仕上がりになりますよ。100円ショップ恐るべしです。

合わせて使いたいダイソーのお勧め商品もあります。

それは、「シリコーン潤マスク」です。これはフェイスマスクの上から被せるカバーになります。

≪画像元:シリコーン潤マスク@コスメ、ザ・ダイソー

先ほどフェイスマスクの上からラップをのせる技を紹介しましたが、それのシリコンバージョンで商品化した物です。

洗えば何度でも使えますし、耳かけフックがついているので落ちる心配がありません。

湯船につかっている間にこのシリコンマスクだけをしておき、お風呂を出てからフェイスマスクの上に重ねてつけると、フェイスマスクの効き目が倍増しててくれます。

長い目で見ればラップを使うより安く済むかもしれませんし、なにより簡単に装着できます

フェイスマスクのお供として、1家に1つは持っておきたい商品なのではないでしょうか。

定期的に使うものはプチプラを使用して、年に何回かあるかもしれないここぞの時はもうちょっと値段する物を使って、フェイスパックで肌質を整えていきましょう。(執筆者:小祝 可奈子)