10/21の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 今週末はスシロー仮装割ユニクロがオススメ / 4コマ漫画(3回目)

【メルカリチャンネル体験記】みんな何を売ってる? 配信の仕方は? 筆者が実際に感じたことをレポートします

フリマアプリの中でも特にユーザー登録者が多い & 人気のあるメルカリでは、現在出品者が動画配信できる「メルカリチャンネル」というサービスを行っています。

今回は、私自身がメルカリチャンネルを実際に利用してみて感じた事をリアルにお伝えさせていただきたいと思います。

1. 動画配信はどうやって行えばいいの?

メルカリチャンネルを利用するためには、まずメルカリユーザーになる必要があります。

アプリをダウンロードしてユーザー登録したら、タイムラインの上部にある「メルカリチャンネル」をクリックしてください。

メルカリチャンネルのページには、現在動画配信しているユーザーが紹介されるようになっています。

一番上の欄がランキングになっており、まず動画配信を検討している方は人気ユーザーの動画をチェックする事からスタートしてみてください

≪画像元:メルカリチャンネル

2. どんな人が人気ユーザーなの?

人気ランキングの動画を何度か日にち・時間を変えてチェックしてみたのですが、必ずしもトークのうまい人ばかりが上位という訳ではなさそうです

やや気だるいような口調の女性ユーザー、自由に面白おかしくトーク展開をしているユーザー、まるで飲み屋のお姉さんのようなトークの女性ユーザーなど…キャラの面白い人が人気があるようです

また、人気の高い女性出品者ほど変態ユーザーに変なコメントをもらう事もあるらしく、途中から顔出し配信を辞めた事をカミングアウト、マスクを着用しながら利用している女性出品者も多かったです。

メルカリチャンネルには子連れ出品者も多く、子供と一緒に出品している方や商品説明中に赤ちゃんが泣きだして配信中断といったアクシデントも多かったです。

3. どんな商品を売るのに向いてるの?

実際に配信閲覧 & 出品して感じたのは、商品の使い方や説明をしないとわからないような商品(オモチャ、家電など)、ずっと出品しているのになかなか売れない品、ハンドメイド作品でこれから売り出したいと思う商品をアピールしたい時に向いているような気がしました

また、カバンを出品している人はメジャーを用意して「このカバンは、この位の大きさです。」と縦、横の長さを図ってアピールしている人もいました。

服を自分の体に合わせて説明する方もいました

4. どうやって動画配信すれば良いの?

メルカリチャンネルの配信は、画面右下の「ライブ」をクリックします。


≪画像元:メルカリチャンネル

すると、チャンネルカバー写真とチャンネルの題名・ライブ出品する商品を登録する箇所が出てくるので、必要事項や出品したい商品を入力します。(現在参加者は限定的なので、この時点で参加できないと表示される場合もあります)

最後に、一番下の「ライブをはじめる」をクリックすれば配信スタート出来ちゃいます


≪画像元:メルカリチャンネル

商品を説明すると、一番上に目のようなマークが出てきて「数字・○○さんが参加しました」という文字が出てきます。

ここに表示される数字が「今自分のメルカリチャンネルを閲覧してくれているユーザー」を表します。

人数が増えれば増えるほど、より多くの人が閲覧している事になります。

もし、余裕があれば「○○さん、来てくれて有難うございます」と名前を呼んで挨拶してあげると訪問者に喜んでもらえます。

訪問者も自由にコメント出来るので、コメントで紹介してほしい商品など書かれた時は紹介してあげると良いですね。

また、説明している間に紹介した商品が閲覧されると「○○○の詳細画面が開かれました」という案内が画面に出てくるようになります。

詳細画面が開かれた時に、その商品について再度丁寧に説明してあげるとより効果的です

メルカリチャンネル体験記まとめ

メルカリチャンネルは、出品商品を動画配信する事でより商品を売りやすくする事が出来ます。

今まで売れなかった商品・ハンドメイド商品などで今後売り出しを検討したい商品の説明としても利用できます

実際に私自身も何度か配信を体験してみたのですが、説明した商品が閲覧される瞬間やコメントを貰える時は非常に嬉しかったです

みなさんも、メルカリチャンネルをうまく活用して楽しんでみてくださいね。(執筆者:多良 真由美)

この記事を書いた人

多良 真由美 多良 真由美()»筆者の記事一覧 (16)

30代後半女性、フリーライター。婚活・メルカリ活用術・節約などのマネーコラムなど、数々のコラムを執筆中。FP技能士3級を保有。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう