「無印良品」を長年愛用している私がおススメする「お買い得商品」ベスト3»マネーの達人

「無印良品」を長年愛用している私がおススメする「お買い得商品」ベスト3


ベスト3

納得できた商品だけを購入できる「スキンケア化粧品」





≪画像元:無印良品


無印良品の商品の中で、最近女性に注目されている商品が「スキンケア化粧品」です。

無印良品のスキンケア化粧品は、どれも1,000円前後で購入できます

一般的な化粧水からエイジングケア用の化粧水まで幅広いラインナップがあるため、予算に応じて使い分けることも可能です。

無印良品で化粧品を購入することは、実は大きな節約につながっているかもしれません。

なぜならば、化粧水一本を買うつもりで百貨店の化粧品売り場に行くと、なぜか帰りには乳液や口紅まで買っていることが多いのです。

百貨店の化粧品売り場には、必ず美容部員がいます。

美容部員の前では「化粧水一本ください」と購入できることはなく、まずカウンターに座り、お肌の状態チェックから始まってしまうのです。

そして、帰りには予定外の出費をして帰ることになります。無印良品のスキンケア化粧品売り場には、商品が陳列されているだけです。

お試し用の化粧水を自由に手に取り、納得した上で必要な商品だけを買って帰ることができます


ベスト2

品質向上中 買い続けている「オーガニックコットンのTシャツ」




≪画像元:無印良品


「最近、無印良品のオーガニックコットンが気持ちいい」と感じている人は意外と多いのではないでしょうか。

とくにTシャツの肌触りの良さに驚いている人は多いようです。

無印良品のオーガニックコットンのTシャツは、サイズも豊富にあります。

「女性用のTシャツだと首回りが開きすぎる」と思ったり「子ども用サイズは小さくなってきたけれど、大人用サイズだとサイズがみつからない」と思ったりするならば、男性用サイズで探してみるといいでしょう。

無印良品のオーガニックコットンのTシャツは、デザインがシンプルなため、男性用でもサイズが合えば、老若男女問わず着まわすことができます

インナーやTシャツのように肌に直接身につけるものは試着できません。

そのため、購入してみたら「縫い目がチクチクする」や「首のタグが気になる」ということも多いのです。

首のタグは、購入してからハサミで切り取ることもありますが、ちょっと失敗してしまうと小さな穴が開いてしまうこともあります。

その点、無印良品のオーガニックコットンのTシャツは最初から首のタグがついていません

首の後ろに直接必要事項が印刷されているため、物理的な刺激を受けることはないのです。

そしてなにより、脇に縫い目が一切ありません。胴を包み込む本体には、一般的に横に縫い目が一本ずつ走っています。

しかし、無印良品のオーガニックコットンTシャツは、最初から筒状に作られているため横に一切縫い目がないのです。

縫い目がないことは、チクチクしないメリットだけではなく、伸縮性が高くなるせいか体に優しくフィットするため、包み込まれているような安心感を得ることができます。

無印良品のオーガニックコットンのTシャツは、2枚で1,300円程度という驚きの値段です。

気軽に買い替えることができる値段のため、常にきれいなものを身につけていられることも大きなメリットでしょう


ベスト1

10年以上使っても透明度を保つ コスパ最高の「アクリル収納用品」




≪画像元:無印良品


無印良品の数ある商品の中で、一番長く愛用している商品が「アクリル収納用品」です。

収納用品売り場には、小物を入れる箱から小さな引き出しがついた棚までアクリル製の商品がたくさんあります。

売り場に足を踏み入れたとき「無印良品にしては価格が高めだな」と思ったり「これならもっと安く売っているのではないか」と思ったりするかもしれません。

収納用品は、プラスチック製や布製のものも安く販売されているため、一つ1,000円以上の無印良品のアクリル製品は高く感じるかもしれません。

しかし、無印良品のアクリル収納用品は長年使えば使うほど「品質の良さ」、「コスパの良さ」を実感することになります

私が無印良品でアクリル収納用品を購入したのは10年以上前のことです。

当時は口紅やアイシャドーなどの小物を整理する目的でアクリルケース購入しました。

何年も使っているうちにアイシャドーや眉墨の細かいパウダーが容器にこぼれてしまい、アクリルケースは薄汚れてきました。

新しい物を購入すべきか悩みましたが、1,000円以上出して購入したしたものを捨てる気にもなれず、石鹸で水洗いしたところ新品のように再び透明な状態に戻ったのです。

口紅やファンデーションケースなどは毎日出し入れしていたため、角をぶつけたりこすったりされていたはずなのに、傷一つなくアクリル独特の高い透明度がよみがえりました。

収納ケースは、プラスチック性や布製ならば安く購入することもできます。

しかし、それらの多くは傷や色がつきやすく、温度差によって変形してしまうことがあるのです。アクリル製は傷がつきにくく、中に入れる物をきれいに見せる高い透明度を持っています

無印良品の収納用品は、本体と小さなパーツを組み合わせることで自分のオリジナル収納を作ることができます

汚れてしまったり、傷ついてしまったりしたパーツだけを新品に買い替えることもできるため、出費を最小限に抑えて常にきれいな物を使い続けることができるのです。(執筆者:式部 順子)

この記事を書いた人

式部 順子 式部 順子»筆者の記事一覧

武蔵野美術大学卒。クリエイティブな発想で芸術エッセイや子育てアイデア、経験に基づいた就職転職記事まで幅広く執筆中の個性派フリーライター。身近にあるものを活用した節約術と時代の流れを読みながらの大胆な節約術を組み合わせながら日々節約を楽しんでいる。節約のモットーは「使うべきお金は使う!無駄な節約はしない!」ストレスフリーな節約術をメインに紹介。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ