「横浜インビテーションカード」は年会費無料で最強のサブカード 最高クラスの付帯保険やその他特典も»マネーの達人

「横浜インビテーションカード」は年会費無料で最強のサブカード 最高クラスの付帯保険やその他特典も

横浜インビテーションカードの概要

横浜インビテーションカードは、公益財団法人横浜コンベンション・ビューローが手掛ける、「横浜観光プロモーション認定事業」から認定を受けたジャックスが発行するクレジットカードです。





カードの概要は、以下の通りです。



年会費無料カードで最高クラスの充実保険

横浜インビテーションカードは、年会費無料のクレジットカードで最高クラスの付帯保険をそろえています。

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯!


横浜インビテーションカードは、以下のような補償内容の海外旅行保険が付帯します。



年会費無料カードでこの補償内容であれば、他にもクレジットカードはありますが、そのほとんどが利用付帯(当該カードで旅行代金を支払うことで付帯する)です。

「JCB EIT」や「DCカードジザイル」は年会費無料で自動付帯ですが、リボ払い専用カードというくせ者です。

一方、横浜インビテーションカードは、年会費無料でリボ払い専用カードではなく、自動付帯の非常に珍しいカードなのです。

サブカードとしては最強ですね。

利用付帯ではあるものの、国内旅行傷害保険も最高1,000万円補償されます

年会費無料カードでは珍しい、ショッピング保険付き!


また、横浜インビテーションカードには、ショッピング保険も付帯しています。

当該カードで購入した品物が、購入から90日以内に盗難・破損などによって被った被害に対して、年間100万円(免責3,000円)を上限に補償されます。

年会費無料カードでショッピング保険が付帯していること自体すごいのですが、カードショッピングは国内でも海外でも、1回払いでもOKな点は、並のゴールドカードを凌駕します


「J’sコンシェル」で優待も受けられる



≪画像元:JACCS


ジャックスのネット会員に登録すると、「J’sコンシェル」というサービスを利用できます。

J’sコンシェルは、福利厚生サービスを提供するベネフィット・ワンのサービスです。

暮らしやリラクゼーション、医療やレンタカーなど、全国で23万件以上のサービスを利用可能です。



≪画像元:JACCS


J’sコンシェル専用カードを提示したり、専用IDとパスワードを使って専用サイトにログインしたりすることで、お得なサービスを受けられます。

以下の表で、一例を紹介しましょう。



優待券を購入できるのが、地味にお得ですね。


デメリットとその対策

いいことづくめの横浜インビテーションカードにも、デメリットはあります。

最後に、デメリットとその対策を紹介しましょう。

ポイント還元率が低い


横浜インビテーションカードは、200円利用につき「ラブリィポイント」が1ポイントたまり、以下のような商品に交換できます。



ポイント還元率はおおむね0.5%となり、メインカードとして使うには還元率が高くありません

このことから、横浜インビテーションカードはあくまでもサブカードとして持っておき、メインカードは高還元率のカードや利用付帯で手厚い保険が付くカードにするといいでしょう。

国際ブランドが選べない


横浜インビテーションカードに搭載されている国際ブランドはマスターカードのみで、選択の余地がありません。

ただし、マスターカードはVisaと並んで世界の2大国際ブランドですので、世界中で使えますので、心配いりません。

マスターカードはヨーロッパに比較的強いため、アメリカに行く人はVisaブランドのカードを別に持って行くといいでしょう

JCBの海外デスクのサービスや優待を受けたい人は、JCBブランドのカードを持って行きましょう。

横浜インビテーションカードは、基本的にはお守り代わりにサブカードとして持っておき、破損や盗難で損をしたくない高額商品を購入するときに利用すれば、ショッピング保険の対象となり、おススメの使い方です。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ