最近の使い捨て「紙皿・紙コップ」の進化が凄い パーティを「後片付け」ナシでグレードアップしよう

人が集まりやすい年末年始。

クリスマスやお正月は、家族や親戚、友人たちとパーティーを開く方も多いのでは?

大人数を招くとき、困りがちなのが「お皿・コップの数」

お気に入りの食器を年に数回のパーティーのためだけにたくさん用意するわけにはいきません。

そんなパーティー時に使う食器こそ、実は「紙&プラ製品」がぜひオススメなんです!



…ありえない? 

貧相に見える? 

ゲストに失礼?

いえいえ、最近の紙&プラ製品はとってもすてき! あなどれません。


「紙&プラ製品」を使う大きなメリットとは

自宅で普段使うものは、繰り返し洗って使うのでしっかりした食器を。

でも、パーティーなどに使うのは「紙皿・紙コップ・プラコップ」などの紙&プラ製品がオススメなんです。

その理由は

・ 使い終わったら即ゴミ箱へ。食器洗いの手間がない
・ 招く側が食器を洗う手間がないので、招かれるゲストも気が楽
デザインが豊富なので、イベントの雰囲気に合わせて選べる
・ すてきなものなら、壁に飾っても! 簡単にお部屋のイメージチェンジができる。などなど

100均の製品を使ってもいいけれど、オトナのパーティーなら少しデザインに凝ったものを!

とってもすてきな紙 & プラ製品をいくつかご紹介します。


500円~1,000円で数点セット。お洒落なアイテムご紹介


(1) [Wholehot」ペーパープレート(8枚入)






18cmは大理石風、23cmはピンクとゴールドのラグジュアリーな紙皿。

お皿として使うのはもちろんですが、壁に飾るのもぜひオススメです。

同デザインで紙コップ・ナプキンもあるので、揃えたくなっちゃいますね。

【18cmプレート(8枚入)630円】

(2) 「EXTRA」スモールプレート(5枚入)






20.5cmと容量しっかり、なおかつシルバーのゴージャスなデザインがすてきなこちらの紙皿。

縁が立体的に波打っているところが、陶器のようなリアル感を出していてgood。同じデザインのゴールドもあります

【20.5cm プレート(5枚入)432円】

(3) 「Wholehot」ストライププレート(8枚入)






メリーゴーランドの屋根のような、かわいさと大人っぽさをあわせ持つ淡いパステルカラーが絶妙。同じ色でも大きさを変えて、重ねて使ってもすてきです

こちらもサイズやカラー違い、コップ・ナプキンがあるのでトータルコーディネートできます。

【23cm プレート(8枚入)680円】

(4) プラシルバー ワインカップ(6個入)






なんとコレ、プラスチックのワイングラスなんです。すてきでしょ!

ワインやシャンパンはもちろん、デザートを盛り付けてもしっかりと映えます

洗って繰り返し使ってもOK、処分も簡単。アウトドアパーティーにも使えます

【ポリスチレンカップ 220cc (6個入)702円】

(5) フォーク(10本入)




≪画像元:Amazon


なななんとこのフォーク、見た目は金属ですが「ポリスチレン」素材なんです。

使い捨てカトラリーって「白orカラフル」が定番ですよね?

こちらは「クロムめっき」塗装なので、上品な雰囲気を損ないません。同じシリーズでスプーンもあります。

【1本サイズ 長さ・約19cm 重量5g(10本入)350円】


「後片付け」ナシで気持ちよく解散! 次回が楽しみになる

今回ご紹介したアイテム以外にも、たくさんのデザインやサイズがあります。

ハロウィンならハロウィンデザイン、クリスマスならサンタデザインなどかわいいものはもちろん、大きなチキンが乗せられるビッグサイズの紙皿まで!

せっかくのすてきな来客用プレートを持っていても、棚の奥でずっと眠るのはツラいかも。

時々しか使わないパーティー用のお皿を保管しておくより、イベントの際には思い切って、気分や雰囲気に合った紙 & プラ製品に変えてみませんか?

「後は全て捨てるだけ」なら、ゲストも気を使わずに気持ちよく帰れますし、盛り上がった気分を地味な後片づけ作業で下げてしまうこともありません(笑)

便利なモノは賢く使って、限りある「時間と空間」を活用しましょう。(執筆者:河野 友里)

この記事を書いた人

河野 友里 河野 友里»筆者の記事一覧 (29)

2人の娘を育てる、フリーのwebライターです。高卒からの就職で、結婚前は収入が少ないうえに全く貯金できない体質。結婚・出産を機に、断捨離・シンプルな生活を始めて環境が一変。家も考え方もスッキリした今、徐々に貯金体質に。無理のない、頑張りすぎない生活スタイルを提案します。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ