先週の市況をダイジェストで振り返る(12月第3週)

2017/12/11    月

米国の労働統計で新規就労者数が予想以上に多く、失業率も17年来の低水準であったこと、中国の貿易統計が予想以上によかったことなどを受けて、アジア、ヨーロッパ、米国と市場は全面的に上昇。

欧州と英国ではBrexitの交渉が前進し英ポンドは下落し、英国株式市場は上昇。

銀行の資産ルールに対する妥協的な規則が公表され、欧州の銀行は上昇。

ABNアムロ、Danske Bankなどが4%前後の上昇となる。

2017/12/12    火

米国市場では、水曜日のFed、木曜日のECB、BOEの会合を前に投資家は判断を先送り。市場はテクノロジー株主導で上昇しSP500は史上最高値を更新。

欧州市場では、HSBCやUBSといった大手銀行株が伸びたが、Dialog Semicontductorなどテクノロジー株が軟調。

ユーロ高も相まって欧州市場は値を下げる。英国市場はポンド安のため株式市場は上昇。

2017/12/13    水

米国では企業物価指数が対前年比で3%を超える上昇となりFedが金利を上げる環境が整っているとみられ、イールドが上昇し国債は下落、米ドルは上昇。

株式市場はまちまちで、電話、銀行、その他金融が値を上げたが、公益、半導体は値を下げた。その結果、SP500は上昇したがNASDAQは下落。

ブレント原油がパイプラインの故障で値上がり、また、オランダのデジタルセキュリティ会社のGemaltoが43億ユーロの買収提案を受け株価上昇。

欧州市場では株価が上昇した。

2017/12/14    木

Fedは予想とおり利上げ(ターゲットレートを1.25-1.5%)を行ったが、2018年の利上げ予想について思っていたほど積極的ではなく、そのため米国債は上昇し、米ドルが下落。

2018年のGDP成長率は2.5%の上昇と9月予想から比べて引き上げたが、インフレ率は1.9%の予想のまますえ置き。

米国株式市場では金利感応度の高い小型株中心のRussell2000が最も上昇。

欧州では、イタリアの銀行株が政治的な問題で大きく下落。

ドイツのエネルギー株Innogyが収益の低下から大きく下落し、類似銘柄のRWEも大きく下落。

2017/12/15    金

米国市場では共和党の減税法案の上院通過に困難が予想されることから、NASDAQは前場では値を上げたが後場に入って値下がり。小型株が値下がりを大きくした。

欧州市場でも前日のFedの決定の消極的な印象がモメンタムを押し下げ、HSBC、サンタンデール、UBS、クレディスイスなどの大手行の株価を落とした。

Daialog SemeiconductorやASMLなどの半導体関連も安かったが、ヴェスタスウィンドウ、シーメンスガメサ等再生エネルギー関連が値を上げた。

以上です。(執筆者:杉山 明)

この記事を書いた人

杉山 明 杉山 明()»筆者の記事一覧 (116) http://www.barms.jp

バームスコーポレーション有限会社 代表
外資系保険会社で商品開発、外資系運用会社でファンドの評価分析などの経験を有する、独立系のファイナンシャル・プランナーです。現在は、シニアコンシェルジュとしてシニアのみなさまの問題解決のお手伝いをするほか、大学や専門学校の授業やウェブ(http://www.eefp.net)を通じて若い世代の金融知力の養成にも注力しています。また、プロのFP向けには、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を開発し、1ランク上のソリューションを提供し続けています。
<保有資格>:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP / 証券アナリスト(日本証券アナリスト協会) / 国際公認投資アナリスト(CIIA) / シニアコンシェルジュ(参照 http://www.428c.org/)
【寄稿者にメッセージを送る】

杉山 明の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう