「時は金なり」の真の意味 24時間を時給で換算するとあなたの「お金の使い方」が変わる »マネーの達人

「時は金なり」の真の意味 24時間を時給で換算するとあなたの「お金の使い方」が変わる 

何かを買ってお財布からお金がどんどん出ていくときは、お金を使っていることを実感するとともに、身にしみて痛いですよね。

クレジットカードや電子マネーなどは、その痛みをあまり感じないので使いすぎるといわれます。

でも、実は払っていないけど使ってしまっているお金もあります。

時は金なり」とは、その考え方を表した言葉なのです。




観たら楽しいけれど「1,600円」支払ってもその番組を見たいですか?

あなたは、毎日の夕食時から眠るまでの2~3時間をどうやって過ごしていますか?

バラエティ番組に笑ったり、ドラマに涙したりとテレビを見ている方も多いと思います。

でも、もしその番組を見るために1,600円を払わないといけないとしたら、それでも見たいほど魅力のある番組はどれくらいあるでしょう。

金融用語の中には「機会損失」という考え方があります。

簡単にいうと「儲けそこなったお金」のことです。

働けば手に入ったはずの賃金を、テレビを見て過ごしたことで手に入れられなかったとします。

それはつまり、その「時間分の時給を払ってその番組を見たのと同じ」という考え方です。

「家に居ると、お金は1円も使っていないから節約」という節約方法はよく見かけますが、「その間に稼げたはずのお金を支出している」と考えると、過ごし方は違ってくるのではないでしょうか。


24時間を時給でシミュレーションすると?

平成29年10月時点での厚労省のだす最低賃金時間額の全国平均は848円

時給の話になると地域格差がかなりあると思いますので、今回はこれを元に考えてみます。

実際にはもっと稼がれている方も多いかも知れませんが、あくまで参考に。

1日24時間 × 848円 = 2万352円

睡眠 : 6時間 = 5,088円
通勤 : 2時間(往復) = 1,696円
食事(準備・片付け・食事時間) : 3時間 = 2,544円
洗濯 : 0.5時間 = 424円
掃除 : 0.5時間 = 424円
労働 : 8時間 = 給与分

余暇 : 3時間 = 2,544円
その他の雑用 : 1時間 = 848円

例えば6時間の睡眠でスッキリ眠って疲れが取れている方は、毎日約6,000円のマッサージ代をリフレッシュしているのと同じくらい得。

また、眠れず悶々としている方は損失が増えていっている…と考えると、限られた時間を有効に使うことの大切さが身にしみますね。


時短の価値とアウトソーシングの価値

あなたの時給を計算してみて、それを下回るのであれば、思い切ってアウトソーシングをしてみるのもいいですね。

例えばお掃除も、ハウスクリーニングを受けるのは高いと思うかもしれません。

でも自分の時間を使って長時間汚れと対決した結果、そこそこのキレイさにするよりも、プロに任せてピカピカにしてもらうほうがコスパがいいかも。

浮いた時間で別の生産的な活動をすると、アウトソーシング費を削るよりも大きなリターンがあるのではないでしょうか

お金持ちはそのようなお金の使い方をしていますよね。




さいごに

何でもかんでもお金で考えるのがいいわけではありませんが、ひとつの指標にしてみるのはいかがでしょうか

気の進まない付き合いに無理やりでかけていくと、食事代だけでなく時間分も損をしてしまいます。

上手な取捨選択をしたいものですね。(執筆者:那波 りよ)

この記事を書いた人

那波 りよ 那波 りよ»筆者の記事一覧 (29)

ママフリーライター
浪費と節約の間でゆれ動きつつ、日々「コスパ」をキーワードに生きたお金の使い方を模索中。ついつい安価なものを揃えがちな生活から、「価格」ではなく「満足度」をものさしにする生活への脱皮を目指しています。娘は「これ買って」とねだるのではなく、その商品があればいかに自分が幸せな気持ちになれるかを訴えるようになりました。(苦笑)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ