100均グッズで作るネックウォーマー(スヌード) 自分で作る編み物の注意点も

小さなお子さんのいらっしゃるお母さんの中には、「なるべくなら子供用グッズは安くそろえたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、冬に欠かせないネックウォーマー(スヌード)を100均グッズで作るメリットとデメリットをご紹介します。

小さなお子さんにはネックウォーマーがオススメ

市販品にも子供用のマフラーはあります。

ですが、とくに小さなお子さんの場合は「マフラーがほどけたら危ない」と考える親御さんもいるでしょう。

また、小学生未満の子供は思っている以上に首が細く、市販のネックウォーマーだとスカスカになってしまうことも。

100均にもネックウォーマーは売っていますが、なかなかピッタリ合うサイズがないことも多いです。

そこでオススメなのが、自作のネックウォーマー(スヌード)です。

自作なら、ピッタリサイズに作れます。

しかも、100均で編み物セットをそろえれば費用をさらに抑えられますよ。

100均なら編み物セットを安くそろえられる

100均グッズでネックウォーマー(スヌード)を編む最大のメリットは、とにかく安く済むこと。

一般的に、安いものでも毛糸は1玉200円前後、編み棒は400円前後しますが、100均ならどちらも1つ108円です。

マフラーやネックウォーマー(スヌード)を編む場合に必要な毛糸の量は、大人なら5玉、子供なら4玉ほど。

100均の毛糸を使えば、大人なら540円、子供なら432円で編めます

首の細い小さなお子さん(1~4歳)なら1~2玉あれば充分なので、108円~216円で編めるということです。

2玉あれば、おそらく二重~三重に巻けるほどの長さに編めるでしょう。

また、100均では編み棒以外の便利グッズも買いそろえられます。

全部そろえると意外と高額になりがちですが、100均なら気兼ねなく購入できます。

こんなに安く編み物セットを買いそろえられるのは、100均ならではのメリットですね。

さらに、100均なら毛糸がチクチクしないかどうかを首などに当てて確認できます。

通販で安い毛糸を買ったらチクチクする毛糸だった! ということは意外と多いもの。

必ず確認しながら選んでくださいね。

100均の毛糸はやや多めに買っておくべし

100均グッズでマフラーやネックウォーマー(スヌード)を編むデメリットは、同じお店でも毛糸の種類や在庫数がその日によって違うことです。

毛糸が足りなくて買いに行ったら、同じ毛糸はもう売っていない可能性もあります

また、店頭まで買いに行かなければいけないのもデメリットの1つ。

100均グッズでマフラーを編むときは、やや多めに(+ 1玉くらい)毛糸を購入しておくと安心です。

不器用でも時間がなくても大丈夫!

さらに、編み物をしたことのない人にも100均グッズはオススメです。

100均には編み方の載っている本も売っていますし、最近は簡単にマフラーが編める便利グッズも売っています。

実は、私は家族に笑われるほど手先が不器用です。

そんな私でも編めるので、不器用な方も安心してチャレンジしてみてください。

初心者の練習には、本よりも動画の方が分かりやすいかもしれませんね。

「編み物、動画、棒針」などで検索をすれば、たくさん無料動画が出てきますよ。

また、「編む時間がない」と思う親御さんもいらっしゃると思いますが、小さなお子さんのネックウォーマー(スヌード)は短時間で編めます。

幼児用なら、慣れれば1時間もかからないでしょう。(速く編むなら、かぎ針ではなく棒針がオススメです)

この冬、あなたも100均グッズで編み物デビューしてみては?(執筆者:永瀬 なみ)

この記事を書いた人

永瀬 なみ 永瀬 なみ»筆者の記事一覧 (20)

ライター兼コラムニスト。10代の息子をもつ30代のシングルマザー。自身の波瀾万丈な人生や独学で得た心理学の情報などを元にコラムなどを執筆中。やや古風な考えをもち、ババくさいと言われることもあるが本人は気にしていない。「愛だけじゃ生きていけない。でもお金より大切なものもある」をモットーに、心が豊かになる情報をお届けします。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう