「一軒家」を節約して買うなら「妥協できるところ」を探そう 発想を変えるとこんなにお得になる»マネーの達人

「一軒家」を節約して買うなら「妥協できるところ」を探そう 発想を変えるとこんなにお得になる

夢は膨らむが、夢を叶えるにはお金が必要

夢のマイホーム。

多くの人が一度は憧れるものではないでしょうか。



今回はその中でも「戸建て派」の方に絞って節約記事を書いていきます。

一軒家はマンション購入に比較すると、いろいろと自由度が高いです。

立地はもちろん、間取り、水回り、庭の有無や広さ、駐車場はどうするか、憧れのハウスメーカーはどこか…。

夢を語りだすとキリがありません。

しかし悲しいかな、すべてを叶えるには莫大なお金が必要なことがほとんどです。住宅購入資金は通常限られています

また、限られた部分を超えてお金を使えば、家を購入したあとの生活が、住宅ローンのためにつらくなってしまいます。

家は買ったら終わりではありません。うまく節約しつつ、なるべく希望に合う家を買うコツをご紹介します。


まずはやりたいことを書き出し、それから妥協点を探す

まずはすべての「やりたいこと」を書き出しましょう。

・ 駅から徒歩5分
・ スーパーから徒歩10分
・ 広さは40坪
・ 日当たり良好の角地
・ 小中学校が近い
・ 夜は静か
・ 広い玄関
・ 特注の色の外壁
・ 2階建て
・ 洗面所・トイレは1階と2階に一つずつ…

という条件を出し、結果5,000万円の見積もりになったとします。

けれど、それをすべて叶えるには予算不足で、どうしても削らなければならない。

そうなった場合、一つ一つ「本当に必要かどうか、妥協できるか」を考えます

一番手っ取り早く節約になるのは、立地関係です。

駅から徒歩5分を徒歩15分にするだけで、土地価格は100万円~500万円くらい違ってきます

健康のために毎日駅まで歩くのもいいかも? と発想するのもいいかもしれません。

スーパーが遠くても、ネットスーパーを利用できるならそれを使うという方法も。また、広い玄関はそれだけ掃除も大変です。

1階・2階にトイレと洗面所があるのもそうです。

トイレは誰かが入っているときなどに2つあると便利だからこれは譲らないでおこう、でも洗面所は1階だけでもいいかな、といった感じで洗面所を1つ少なくすれば、それで30~50万円差がつきます。

こういった感じで、妥協できる点を、そこに住む人全員で探っていきましょう

妥協できる点は人によってさまざまになると思いますが、納得いくまで話し合ってください。


購入がゴールではなく、そこから続く生活を想像して



家の購入を検討するという段階では、あれこれ夢を膨らませがちです。

しかし、家の購入後に「生活」が続くことを想像しなければなりません。

購入後にひょっとしたら収入が減り、住宅ローンを返すのが難しくなるということだって、十分に起こりうるのです。

絶対に借りられるめいっぱいの金額を使って家を買うのではなく、うまく妥協できるところは妥協していくのが、一軒家購入のコツです。(執筆者:上坂 亮子)

この記事を書いた人

上坂 亮子 上坂 亮子»筆者の記事一覧 (34)

ストレスの小さい、いろんな節約方法を見つけて実践するのは「ゲーム」だという考えを持っています。たくさん節約できたなと思った日は満足感たっぷりのまま、ぐ~っすり眠れます。子どもの進学に向けてもっとお金を貯めなければという思いから、ゲーム魂に火がついています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ