独身時代に入った「保険」、結婚してもそのまま? 見直すと見つかる「今もっとも必要な保障」

保険ってよくわからない…

「保険ってとても大切だけど、実際にはよく分からないな」

という方も多いかもしれません。

なぜなら保険は「使ったとき」しか、ありがたさを実感することができないから。

実際に病気やケガで、掛けていた保険からお金がおりたときは「保険って本当に大事だな」と実感します。

今の保険は「今の自分」に合っている?

何かあるのはイヤですが、避けようと思って避けられるものではありません。

保険は、

何かあったときのためのもの

です。

自分や家族にしっかりと合った保険をかけて、効果的なリスク管理をおこないましょう

数年で新しいプランがでます

ほんの少しの差でも、その「ほんの少し」に自分が当てはまった場合は、保障のされ方に大きな差がうまれます

特に独身の20代頃に入った保険をプラン見直しなどせず結婚後もそのまま、30代や40代になっても利用している場合などは要注意です。

・ 年齢
・ 収入
・ 子どもの有無
・ 子どもの年齢

ライフスタイルにより、一番メリットのあるかけ方に変える必要があります。

必要な保障が大きく変わっている場合もありますので、早急に見直しておきましょう。

保障内容の重要性

保障内容はライフスタイルにより、重要な部分がかわります

独身時代

終身保険の必要性が低い独身時代でも、

自分に何かあったとき、親にまとまったお金を残したい

と考え、利用する方法もあります。

結婚後

結婚すると、パートナーと共に家計を支えることになる場合もあれば、家庭のことに専念する場合もあります。

・ 「自分の収入がなければ、家計が回らない」という場合はしっかりと保障のある保険を選ぶ場合が多い

・ 家庭のことに専念する場合は、病気やけがに対しての入院や通院保障のみで十分な場合もある

・ 子どもが小さなうちは、夫や妻に何かあった時にたくさんお金が戻るものがいい

・ 子どもが社会人になると「夫や妻に何かあった時にたくさんお金が戻る」ような保険はあまり必要ない

子どもが「学費」を必要としている間は、親に何かあっても、学校へ通うことができるような保険をかけておくことが理想的です。

「女性疾病特約」はあると安心

女性の場合、20代後半からは婦人科系のトラブルも増えるので、「女性疾病特約」をつけておくのがおすすめです。

婦人科系の病気やガンなどの大きな病気は、検診に行って気づくことが多いです。

何気なく検診に行って、もし入院や手術が必要な病気が見つかったら、紹介状を書いてもらい、大きな病院へ行って再検査、日にちを決めて入院・手術になります。

病気が見つかってから、その病気を保障してくれる保険に入ることはできませんし、その後も病気に関連した保険に入ろうと思っても入れない可能性もあります

筆者の実体験1:入っていてよかった「女性疾病特約」

20代の時に入った保険に「女性疾病特約」があったおかげで、30代に入って見つかった「高度異形成」の入院・手術費用を保険でまかなうことができました

何気なく行ったガン検診で「高度異形成」が見つかり、驚くのも束の間、約1か月後には手術、その後は経過観察のため病院へ定期的に通院することになりました。

まとめるとけっこう大きな出費でしたが、入院・手術費用は保険がでたので本当にありがたいと感じたのを覚えています。

本当に必要なものだけを選び、利用しましょう

保険は「安心」にお金を払うものですが、必要な場面にならないと効果を発揮しません

貯蓄効果のある保険はある程度まとまって返ってきますが、掛け捨ての場合はかけすぎていてもメリットがありません。

逆に掛け捨てで保険をかけていても一生使うことがなかったら、

払った保険料を貯金しておけば…

と考えてしまいます。

「ほけんの窓口」

保険には多くの種類があり、それぞれの人に合わせてさまざまな掛け方があります。

「保険が必要なのは分かっているけど、どう掛ければいいか分からない!」

そんな時は、無料で保険について相談できる「ほけんの窓口」などを利用しましょう。

「ほけんの窓口」は、何度でも無料で保険について相談できる総合保険代理店です。

保険会社からの契約手数料などで運営されているため、相談は無料で利用できます。

筆者の実体験2:無料相談に行ってきました

筆者は、広島にある某総合保険代理店を利用したことがあるのですが、本当にすべて無料で相談できるうえ、相談する場所をこちら側で指定できます。

育児中や介護中、仕事の関係などで直接代理店まで行くのが難しい場合でも、自宅や自宅近くのカフェまで担当者が足を運んでくれるので、本当に助かりました。

担当の方はとても親身に話を聞いてくださり、多くの情報や知識、選択肢を提示してくれました。

我が家の家計が良い方向に向かったのも、担当の方がとても親身に対応してくださったからです。

相談に関わることは本当にすべて無料。保険の契約・見直しを考えるなら、ぜひおすすめしたいサービスです。

ムダのない利用で、賢く楽しむ

保険は「いざ」という時の「安心」です。

「必要ない」と考える方もいれば、「たくさん掛けているほうが安心」という方もいると思います。

やはり、多めでも少なめでも自分が納得できる掛け方をすることが大切です。

変化するライフスタイルに保険もあわせる

保険は「今、必要であるもの」が「数年後も変わらず必要である」とは限りません。

年齢やライフスタイル、環境の変化とともに、時々見直して修正していくことが必要です。

保険に少しでも不安があるなら、すぐにでも一度見直してみることをおすすめします。専門家にお任せしたほうが選択肢が広がります。

自分にピッタリと合った必要最低限の保険にすると、お財布の負担も軽くなります

ゆとりと安心のある生活は、人生と家計を良い方向へ導いてくれます。(執筆者:河野 友里)

この記事を書いた人

河野 友里 河野 友里»筆者の記事一覧 (29)

2人の娘を育てる、フリーのwebライターです。高卒からの就職で、結婚前は収入が少ないうえに全く貯金できない体質。結婚・出産を機に、断捨離・シンプルな生活を始めて環境が一変。家も考え方もスッキリした今、徐々に貯金体質に。無理のない、頑張りすぎない生活スタイルを提案します。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ